野球善哉BACK NUMBER

甲子園決勝は本当に明日でいいのか。
金足農業・吉田輝星の投球数が……。

posted2018/08/20 18:30

 
甲子園決勝は本当に明日でいいのか。金足農業・吉田輝星の投球数が……。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

吉田輝星が今大会最大のブレイク投手であることは間違いない。それだけに、末永く彼が野球を続ける姿が見たいのだ。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 過去に何度も見た光景だった。

 表現としては“末恐ろしいピッチャー”だ。

 秋田県大会からすべてのイニングを1人で投げぬいている金足農のエース・吉田輝星がまた、快投を見せた。

 準決勝の日大三戦では、2点を先行すると、そのアドバンテージを最大限に生かすピッチングを展開。ピンチに陥ってもしっかりと間を取り、走者のスタートを一歩ずつ遅らせ、打者に対しては変化球を低めにコントロールして、ギアを上げたストレートで強力打線を黙らせた。

 5試合連続完投勝利は見事というしかない。

 限界を超えていてもおかしくない心身の状態でありながら、それでも快投をみせる。

 しかし、吉田のような投手をみたのは過去に1度や2度ではない。

「投げないという選択肢はなかった」

 2006年の斎藤佑樹(早稲田実)しかり、2008年の戸狩聡希(常葉菊川)、2010年の島袋洋奨(興南)、2013年の高橋光成(前橋育英)……。筆者が取材現場に立つ以前では、松坂大輔(横浜)、本橋雅央(天理)、大野倫(沖縄水産)などもいた。

 彼らはどんな苦境であっても、最高のパフォーマンスを見せたものだった。

 連投を重ねた後でもストレートは最速に近い球速をマークし、変化球は低めに決まった。甲子園という舞台を前にして、彼らは出場を避けることはしなかったし、どこからそんな力が湧き出てくるのか、というピッチングをした。

「投げないという選択肢は僕の中にはなかったです。なぜって、なんでこの日まで練習したのか。優勝するためにやって来たんですからね」

 今から10数年前、そう語っていたのは天理の本橋さんだった。

 甲子園という舞台では、そう思わざるを得ないというのが球児の心理だろう。

 しかし……話を吉田に戻すと、投げすぎだ。

【次ページ】 球数制限の障害は「不平等」。

1 2 3 4 NEXT
吉田輝星
金足農業高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ