JリーグPRESSBACK NUMBER

Jリーグ広報が向き合うSNS新時代。
槙野智章は専属カメラマンも雇う!? 

text by

吉田国夫(Jリーグ広報部)

吉田国夫(Jリーグ広報部)Kunio Yoshida

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/06/29 17:00

Jリーグ広報が向き合うSNS新時代。槙野智章は専属カメラマンも雇う!?<Number Web> photograph by J.LEAGUE

恩師ミシャ、チャナティップと肩を組む槙野智章(右)。SNSを積極的に使い、Jリーグの知名度アップに貢献している。

「個」が際立つスポーツ界での広報の役割。

 ただ、そうしたリスクを伴うとはいえ、ソーシャルメディアは、主体的に自らを発信し、世界中に拡散することができる無限の可能性を持っているのも事実。我々スポーツ広報にとって、より積極的に向き合っていかなければならない存在であることは言うまでもない。

 時代は平成から令和に代わり、メディア環境もマスメディア中心からソーシャルメディア主体へのシフトチェンジが着実に進んでいるが、それは言い換えればより「個」が重視される世界になったということである。

 選手という、より「個」が際立つプロスポーツの世界で、多くのファンからの共感や愛着、信頼を強くするために、スポーツクラブの広報が担うべき役割は大きい。それは同時に、彼らにかかる負担が加速度的に増していることを意味する。そうした日常を選手やファンは知る由もないし、そんな裏側は積極的に知られる必要もない。

 そして今日もクラブの広報はソーシャルな世界に対峙しながら、ノートPCのキーボードを叩き続ける。

関連記事

BACK 1 2 3 4
槙野智章
那須大亮
アンドレス・イニエスタ
ルーカス・ポドルスキ
チャナティップ

Jリーグの前後の記事

ページトップ