“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

球宴ファン投票に見るドラフト寸評。
パ優勢の要因は高卒投手指名の多さ?

posted2019/06/30 11:30

 
球宴ファン投票に見るドラフト寸評。パ優勢の要因は高卒投手指名の多さ?<Number Web> photograph by AFLO

即戦力候補として注目される森下暢仁(明治大)。傾向で見ると、指名はセ・リーグに集中?

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

AFLO

 オールスターゲームのファン投票選出選手が決まった。

 パ・リーグは楽天2人、ソフトバンク3人、西武3人、日本ハム2人、ロッテ1人、オリックス1人と全球団から選出され、セ・リーグは巨人2人、広島2人、阪神3人、DeNA2人、ヤクルト2人と、中日を除く5球団から選出されている。

 中日はファン投票1位こそいないが、柳裕也がリーグトップの8勝(2敗)を挙げ、三塁手の高橋周平は打率1位(.323)を快走しているので、仲間外れにされている印象はない。

セ・リーグに多かったドラフト1位組。

 今回のファン投票で目を引くのはドラフト1位で入団した選手の多さだ。

 とくにセ・リーグが多い。

 投手の大瀬良大地(広島・'13年)、山崎康晃(DeNA・'14年)、一塁手の岡本和真(巨人・'14年)、二塁手の山田哲人(ヤクルト・'10年)、三塁手の村上宗隆(ヤクルト・'17年)、遊撃手の坂本勇人(巨人・'06年※高校生ドラフト1巡目)、外野手の近本光司(阪神・'18年)、筒香嘉智(DeNA・'09年)と、11ポジション中8人がドラフト1位選手である。

 先発投手に限って見ると、大瀬良、菅野智之(巨人・'12年)、今永昇太('15年・DeNA)、原樹理(ヤクルト・'15年)、石川雅規(ヤクルト・'01年※自由獲得枠)、大野雄大(中日・'10年)、吉見一起(中日・'05年※大学生・社会人ドラフト1巡目)、柳(中日・'16年)と、1~10位以内の8人がドラフト1位である。

 パ・リーグはセにくらべて1位組は多くない。

 投手は抑えの松井裕樹(楽天・'13年)、捕手の森友哉(西武・'13年)、遊撃手の今宮健太(ソフトバンク・'09年)、外野手の吉田正尚(オリックス・'15年)の4人のみだ。

 先ほどの例に倣って先発投手を見ると、1位選出の千賀滉大(ソフトバンク)が'10年の育成ドラフト4位で、2位の山本由伸(オリックス)は'16年の4位、9位の上沢直之(日本ハム)は'11年の6位、10位の大竹耕太郎(ソフトバンク)は'17年の育成ドラフト4位と、下位指名や育成出身選手の顔ぶれだ。

【次ページ】 順当に育つセの高卒大型野手。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山田哲人
坂本勇人
鈴木誠也
筒香嘉智
岡本和真
村上宗隆
近本光司
梅野隆太郎
柳田悠岐
秋山翔吾
浅村栄斗
山川穂高
吉田正尚
近藤健介
森友哉
今宮健太
ブランドン・レアード

プロ野球の前後のコラム

ページトップ