サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

チリ戦惨敗は予想通りで期待外れ。
五輪世代に日本代表の意識はあるか。

posted2019/06/18 16:30

 
チリ戦惨敗は予想通りで期待外れ。五輪世代に日本代表の意識はあるか。<Number Web> photograph by Getty Images

アレクシス・サンチェスらビッグネームと90分間戦うのは想像以上のパワーを必要としただろう。ただその中でも反骨精神を見たかった。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 予想どおりで期待外れだった。

 0-4という結果はあらかじめ覚悟していたものだが、試合内容には物足りなさが残った。

 日本時間の6月18日午前に行われた、コパ・アメリカの日本対チリ戦である。

 サンパウロのモルンビースタジアム周辺には、キックオフの数時間前からチリのサポーターが集まっていた。日本にとっては紛れもないアウェイだが、南米特有の狂おしいほどの熱狂は感じられない。6万7000人あまりを収容するスタンドは、観客のいないシートがあからさまに目立っていた。

日本相手に気を緩めなかったチリ。

 とはいえ、チリの熱量には確かなものがあった。

 昨夏のロシアW杯出場を逃したチリは、コロンビア人のレイナウド・ルエダ監督に再建を託した。ところが、ダービー関係にあるペルーに0-3で完敗し、メキシコにも1-3で敗れるなど、新監督就任後もチーム状況は上向いてこない。指揮官は批判にさらされてきた。

 さらに言えば、コパ・アメリカのディフェンディング・チャンピオンは初戦と相性が良くない。'07年大会でブラジルがメキシコに0-2で敗れ、'11年大会のブラジルはベネズエラと0-0で引き分けた。前回王者として臨んだ'16年大会のチリも、アルゼンチンに1-2で競り負けた。


 試合後の記者会見に登壇したルエダ監督は、「チャンピオンのシンドロームを払しょくするために、選手たちはハングリーな精神で試合に臨み、強い結束力を見せてくれた」と話した。

 日本相手に失態を演じるようなことがあれば、チリは猛烈な向かい風にさらされるのは必至だ。極東からやってきた招待国との初戦に、彼らが気を緩めることはなかったのである。

【次ページ】 戦力、連係などで大きな隔たり。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森保一
久保建英
前田大然
中島翔哉
柴崎岳
冨安健洋

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ