ボクシングPRESSBACK NUMBER

世界戦に敗れ去ったボクサーの人生。
黒田雅之の前に広がる、真っ白な世界。 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byAFP/AFLO

posted2019/06/04 10:30

世界戦に敗れ去ったボクサーの人生。黒田雅之の前に広がる、真っ白な世界。<Number Web> photograph by AFP/AFLO

5月13日、世界戦の舞台としては小さかった後楽園ホール。ボクシングの聖地では、これからもボクサー達が血と汗を流し続ける。

 

「自分の人生がどうなるのかなって……」

 話を聞いている最中、黒田の携帯に新田会長から電話があった。会長の声に耳を傾けながら、挨拶回りの予定をスケジュール帳に書き込んでいく。手を止め、黒田がつぶやく。

「スーツ着て、こんなことやってると、ボクサーには見えないですよね」

 就職活動しているみたい――筆者が言うと「それもありですね」と黒田は笑った。

「自分の人生がどうなるのかなって、他人事というか、ちょっとおもしろいんですよね。高校生、大学生が就職先を決める時はこんな気分なのかなって。いまさらながら、彼らと同じ気持ちを味わってる。だから全然、悲観的じゃないです。これから(ボクシングを)辞めるにしても続けるにしても、自分の人生、きっと明るくなる気がしてるんです」

 王者が日本に持ち込んだチャンピオンベルトを、黒田はほとんど見なかったという。

「家で、コーヒーを飲みながらゆっくり眺めるつもりでしたから」

 だが現実として、家にベルトはない。次戦の予定も、就職活動の予定もない。

 黒田雅之は、世界挑戦のために日本チャンピオンのベルトを返上した。

 伊藤雅雪は、一度は腰に巻いた世界のベルトを奪い取られた。

 黒田、32歳。伊藤、28歳。

 ふたりのマサユキにあるのは、ただまっさらな未来だけだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
黒田雅之
モルティ・ムザラネ
井上尚弥
伊藤雅雪

ボクシングの前後の記事

ページトップ