ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

DeNAの元開幕投手が中継ぎに。
石田健大が語る“やりがい”と”先発”。

posted2019/05/25 09:00

 
DeNAの元開幕投手が中継ぎに。石田健大が語る“やりがい”と”先発”。<Number Web> photograph by Kyodo News

2年連続開幕投手を務めた昨季は3勝7敗と期待に応えられなかった。新たな役割に順応できるか。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 連敗や連勝などチーム状況が乱高下する横浜DeNAベイスターズのなかにあって、黙々と自分の仕事をこなしている投手がいる。

 今は以前のように衆目を多く集める存在ではないが、目線は常に高く上を見つめている。また望む場所へ戻れる日が来ることを願いながら……。

「求められたところで結果を出すこと。それが今、自分にできることだと思っています」

 石田健大は、神妙な表情でそう語った。

 今シーズン、石田はキャンプから先発投手として調整していたものの、オープン戦で2試合登板した後、左肘の張りを訴え戦列を離れた。

 開幕には間に合わず、故障が癒えたとき改めてチームから伝えられたのは中継ぎとしての調整だった。三上朋也の離脱など、リリーフ陣の不振が悩みの種となっていたチームとしては、昨季中継ぎを経験している左腕の石田のリリーフ起用は当然の選択肢といえる。

中継ぎ起用に「やりがいは感じる」

 石田も自分の役割を重々承知している。

「先発の気持ちもわかりますし、中継ぎがどれだけ大変なのかも理解しているので、その経験や知識をプラスにしていかなければいけない。例えばビハインドで投げて、いい流れに持っていくのにはどうすればいいのか。そういったことを考えて投げています」

 5月1日に一軍選手登録されるとここまで7試合に登板(以下、データは5月23日現在)。ランナーを背負った場面で登板しタイムリーを浴びることもあるが、防御率は3.00とまずまずの数字、また奪三振率に関しては9.00とピンチの際にマウンドに立つ者として為すべきことを守っている。

「ランナーを背負ったなかで抑えられれば気持ちいいですし、この感覚を味わえるのは中継ぎだけだと思うので、やりがいは感じています。毎日ブルペンに入っていつ行くかわからない緊張感のなか、体の疲れはありますが、準備はしっかりしているし、少しずつですが慣れてきました」

【次ページ】 「自分でしっかりと考えられる選手」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜DeNAベイスターズ
石田健大
三嶋一輝

プロ野球の前後のコラム

ページトップ