テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭が最終セットで異例の3連敗。
全仏ではナダルの山、活路はフォア? 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/05/25 17:00

錦織圭が最終セットで異例の3連敗。全仏ではナダルの山、活路はフォア?<Number Web> photograph by Getty Images

今季のクレーシーズンは今ひとつ振るわない錦織。全仏での巻き返しといきたいところだ。

基本だが奥深いクロスラリー。

 クロスラリーはテニスの基本だが、決してやさしいショットではない。今のトップレベルのプレーにおいては、という意味である。相手は常にチャンスを待っているので、少しでも甘くなればダウン・ザ・ラインなどに攻め立てられる。

 そこで、“普通”のクロスでは不十分、威力のある、質の高いクロスであることが要求される。だから、深いクロスは「ハードクロス」でなくてはならない、と言い切るコーチもいる。

 錦織が打とうとする「クロスに跳ねるボール」も当然、そういうショットでなければならない。いかにコンスタントにこれが打てるか、それが上位進出の条件となりそうだ。

 会場入りしてからの練習を見ても、フォアの調子は悪くない。ここまでの練習で、必要な修正はできていると見ていい。ただ、練習と実戦は別ものだ。実戦で思ったようなフォアハンドが打てれば、その手応えが自信を生み、大事なポイントでの思い切りを引き出すはずだ。

 フォアの調子が上がらないまま終わる可能性もなくはないが、一戦ごとにギアを上げていくのではないか。その意味で、今大会はいつも以上に初戦、2回戦の内容が問われる。

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭
ラファエル・ナダル

テニスの前後の記事

ページトップ