スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

箱根の未来は1年生のタイムでわかる。
今年の3位は青学、1位&2位は……。

posted2019/05/25 17:30

 
箱根の未来は1年生のタイムでわかる。今年の3位は青学、1位&2位は……。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

これまでのデータで振り返ると、2020年箱根駅伝は東洋大、青学大、駒大が上位に?

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 陸上のトラックシーズン真っただ中だが、5月23日からは関東インカレが行われ、1500mや5000mには1年生が出場する楽しみな種目もある。

 いまや長距離ブロックは通年を通して楽しめる“コンテンツ”になってきたが、このシーズンに見落としてはならないものがある。

 各大学の新入生の5000mの平均タイムだ。

 毎年、個人的に各大学の上位5名の平均タイムを算出してランキングを作ってきたが、2017年からは「スポーツ・インテリジェンス原論」でランキングと考察を書いてきた。

 長年、観察を続けてきたが、新入生の平均タイムが良いと彼らが3年生になった時に、箱根駅伝の結果に結びつくケースが目立ってきた。

青学の初優勝、今年の東海。

 2012年に久保田和真(現・九電工)、神野大地(現・セルソース)らが入学し、ランキング1位だった青山学院大は、彼らが3年生になった2015年の箱根駅伝で初優勝を遂げている。

 そして2016年にダントツの平均タイムで1位だった東海大学は、館澤亨次、鬼塚翔太らが3年生になった2019年、こちらも箱根駅伝で初めて優勝した。

 以降、一昨年、昨年はこのような順番になっている。

 <2017年入学>
 1 東洋大 14:04.97
 2 青学大 14:06.77
 3 駒大  14:11.59
 4 明大  14:11.70
 5 東海大 14:12.71

 <2018年入学>
 1 早大  14:09.26
 2 明大  14:12.85
 3 中大  14:12.91
 4 東海大 14:17.34
 5 日大  14:18.16

【次ページ】 近年と異なる、驚きの変化とは。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

日本大学
東京国際大学
東洋大学
明治大学
中央大学
早稲田大学
帝京大学
駒澤大学

陸上の前後のコラム

ページトップ