プロ野球PRESSBACK NUMBER

阪神にいなかった“ニュータイプ”。
ドラ1ルーキー近本光司の未来像。

posted2019/05/20 11:15

 
阪神にいなかった“ニュータイプ”。ドラ1ルーキー近本光司の未来像。<Number Web> photograph by Kyodo News

開幕は2番打者としてスタートしたが、その後、1番に定着した。特に本拠地・甲子園で打率.319、2本塁打、8盗塁と活躍が目立つ(5月20日現在)。

text by

藪恵壹

藪恵壹Keiichi Yabu

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 タイガースは5月に入ってから20日現在まで8勝7敗1分、首位と3ゲーム差の3位タイ。本拠地で広島に3連敗したとはいえ、勝率5割をキープできています。4月の苦しい時期から比べると、得点が取れるようになってきています。

 もちろん、対戦相手の状態なども関係してくるのですが、チームとして大きいのは打順が固定できたということだと思います。トップバッターにドラフト1位ルーキー・近本光司が定着したことが1番の要因ではないでしょうか。

 20日現在まで、全44試合のうち43試合に出場して、打率.280、4本塁打、18打点、11盗塁という数字を残しており、出塁して、足で相手にプレッシャーをかけ、時には盗塁してチャンスを広げる。そして、クリーンアップのヒットで生還するという仕事をしっかりやっています。また、下位打線から繋がったときには、ランナーを返すという役割も担っています。

 チーム状況によっては昨年のように1、2番を固定できないことも多々あるのですが、強いチームはやはり1、2番からの確固たる得点パターンを持っているものです。首脳陣も今年は開幕して間もなく「1番・近本」に迷いがなくなったことで、オーダーを組むのがずいぶん楽になったのではないでしょうか。

ベンチの雰囲気もプラスに。

 近本は昨年の都市対抗野球で優勝した社会人・大阪ガスから即戦力と期待されて入団しましたが、本当にすんなりとプロの環境に順応したなというイメージがあります。

 タイガースはメディアの多さ、ファンの気質など特別な点がいくつもありますが、入団、キャンプ、オープン戦、そしてシーズンインへと、周りをよく見て、コミュニケーションを取るべきところとはしっかりと話し合って、ある程度、自分のペースを保ってプレーできているなと思います。話をしても発言はしっかりしていますし、落ち着いていて賢い印象を受けます。

 あとは矢野監督の方針で、ベンチの雰囲気がピリピリとしたものではなく、タイムリーを打った選手にガッツポーズを送るような雰囲気になったことも、新人選手がチームに入っていく上ではプラスになったのではないでしょうか。

【次ページ】 目指すべき理想は巨人・丸。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阪神タイガース
近本光司

プロ野球の前後のコラム

ページトップ