SCORE CARDBACK NUMBER

山賊の要、森友哉の捕手論。
「もし生まれ変わるなら……」
~キャッチャーで出たい欲がない!?~

posted2019/05/20 10:00

 
山賊の要、森友哉の捕手論。「もし生まれ変わるなら……」~キャッチャーで出たい欲がない!?~<Number Web> photograph by KYODO

6年目の今季は開幕から絶好調で3、4月はリーグトップの打率.369。3本塁打、24打点と勝負強さも発揮した。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 山川穂高がライオンズに入団した直後、4つ下のドラフト同期、森友哉のバッティングを褒めちぎっていたことがある。

「アイツは凄いっス。持って生まれたセンスに加えて、考えることも異次元ですから……とても高卒のバッティングじゃないっス」

 その森がまだ23歳の、しかも負担の大きいキャッチャーであることは重々承知の上で、“遅まきながら”森が今シーズン、開幕から打ちまくっている。打てるキャッチャーと言われることについて、森はこう話していた。

「それは嬉しいですよ。打てるキャッチャーを目指してずっとやってきているんで、そう言っていただけることは素直に嬉しいですし、本当の打てるキャッチャーに近づけるよう、日々努力しているところです」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

埼玉西武ライオンズ
森友哉

プロ野球の前後のコラム

ページトップ