“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

U-20W杯、10番主将は頼れる男。
齊藤未月「闘争心をむき出しに」 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/05/14 08:00

U-20W杯、10番主将は頼れる男。齊藤未月「闘争心をむき出しに」<Number Web> photograph by Takahito Ando

湘南MF齊藤未月は第11節を終えて、スタメン出場は9試合。曹監督からの評価も高い。

“潰し”が最大の武器。

 あれから7カ月。あの時の意気込みは一切変わっていない。むしろより燃え盛っている。

「最終予選(AFC U-19選手権)の時は、怪我もしていたし、万全なコンディションではなくて、開幕戦という重要な試合でキャプテンマークを巻いてピッチに立てなかったことは、本当に悔しかったし、情けない気持ちがたくさんあった。だからこそ、今回はいいコンディションで初戦からチームを勝たせるプレーをしたいと思っています」

 メンバー発表後に行われたルヴァンカップのV・ファーレン長崎戦、J1第11節の大分トリニータ戦にはスタメンフル出場。相手がボールを持った瞬間に猛烈な勢いでプレスを仕掛け、激しい球際で相手の自由を奪い、前にボールを運ばせない守備は随所に光った。ファールを恐れない気迫のこもった“潰し”は、まさに彼の最大の武器だ。

「日本人でボールを奪うことを得意とする選手はあまりいないと感じているので、僕はそれを発揮して相手を潰す、球際を激しくいって食い止める役割を意識しています。カウンターを受けるピンチがあれば、ファールをしてでも止める。完全に攻撃の芽を摘むことが大事。『ここで振り切られたらまずい』というときは、気迫で止めます。相手に『こいつらガツガツ来るな』と思わせることも僕の仕事だと思っていますし、『ボールを持ったら容赦なく行くぞ』と思わせることも大事。

 しっかりと奪い切って、しっかりと出す。うまくいくことばかりではないですが、その意識は大切に持っています。僕は将来的にボールを奪う技術は世界一になりたいと思っているので」

 166cmと決して大柄ではない、飛び抜けたテクニックを持っているわけではない。だが、齊藤には希少な技術がある。それをコントロールし、表現する勇気と気迫がある。

上手さに匹敵する「走る・競う・奪う」。

 湘南の曹貴裁監督も太鼓判を押す。

「彼はそんなに上手い選手ではないけど、あの歳にしてチームの結果の責任を負いながら、走ったり、競ったり、奪ったりすることを高いレベルで出来る選手。それは上手さに匹敵するし、上手さ以上に今のサッカーには求められることだと思う。とかくシュートを打てる、トラップがうまい、ドリブルがうまいとかそういうものに人の目は奪われがちですが、あいつはもちろんそういうところも高めていかないといけないけど、違う特徴を持っている。

 肉体の感覚的にイタリアの選手とか、メキシコ、エクアドルの選手(グループリーグの対戦国)と戦ってみて、どういうものかを刻み込めることは、彼にとって大きな価値だし、質が上がれば違う意味で日本の宝になってくれる存在だと思う」

【次ページ】 「日本代表として」一丸に。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

湘南ベルマーレ
齊藤未月
安部裕葵

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ