フランス・フットボール通信BACK NUMBER

結局は、持ってるか持ってないかだ!
ペレと会ったムバッペの強烈な印象。 

text by

パスカル・フェレ

パスカル・フェレPascal Ferre

PROFILE

photograph byHublot

posted2019/05/10 07:00

結局は、持ってるか持ってないかだ!ペレと会ったムバッペの強烈な印象。<Number Web> photograph by Hublot

17歳でW杯を制したペレと、19歳で制したムバッペ。歴代の“第二のペレ”達の中でもムバッペは特にお気に入りだ。

ムバッペと会った、ペレの告白。

 すべてが可能だという希望をキリアンが象徴しているのは喜ばしいことだ。そうした「夢」こそ出自や社会的地位が何であれ、実現を信じて戦い続けるべきものであるからだ。

 成功の秘訣は2つの言葉に集約される。

「謙虚であること」と「精進すること」。

 それこそが新しい世代が受け継ぐべきメッセージで、キリアンはそのことをよくわかっている。

 キリアンには知性があって、スピードが豊かなうえに予測不能な動きまでできる。技術的に優れた選手はたくさんいるが、彼の場合は次にどんなプレーをするのか想像できない。バロンドールに十分値する選手だと思う。

 彼が私のプレーを模倣しようとするのは私に憧れているからだろう。

 彼はパリ・サンジェルマンを離れる必要はないと思う。そのまま同じようにプレーを続ければ世界最高の選手になれる。それこそが重要なことだと信じている。

 ペレと比較すればわかることだ。ペレもサントスを離れることなく世界最高の選手になったのだから(笑)。

 彼にはプレーを「創り出す能力」がある。状況を即座に理解して瞬時に答えを見出せる。それは私自身が現役時代を通じて持ち続けた武器のひとつでもある。

 彼に欠けているものがあるとしたら……あまり見当たらないがヘディングはそうかもしれないね。当たりの強さと跳躍力だ。そこが私との最大の違いでもある。

 私は当たりに強かったしジャンプ力もあったから、ヘディングでも多くの得点をあげることができた。

 彼も、私同様に1000ゴールに到達できると私は思っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ペレ
キリアン・ムバッペ
パリ・サンジェルマン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ