ブンデス・フットボール紀行BACK NUMBER

フランクフルトがEL準決勝進出!
長谷部誠との夢の旅路は終わらない。 

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/04/25 07:00

フランクフルトがEL準決勝進出!長谷部誠との夢の旅路は終わらない。<Number Web> photograph by Getty Images

EL準々決勝でポルトガルの強豪、ベンフィカに競り勝ったフランクフルト。次なる相手はチェルシーだ。

街中いたるところにエンブレム。

 地元でのフランクフルト人気は、個人的には凄まじく高いと感じます。僕は日本国内、そしてヨーロッパ各地で、その土地とサッカーとの関係性に関心を持って日々取材活動を行なっていますが、その中でもフランクフルトは地域との密着度が顕著に感じられます。

 普段、フランクフルトの電車、バス、トラムなどに乗ると、必ずクラブのオフィシャルグッズを身に着けた人を見掛けます。この前はスーツに身を包んだキャリアウーマン風の方が肩から掛けていたバッグにフランクフルトのエンブレムがあしらわれていたので目を凝らしたら、どうやらお手製のエンブレムの様子。ダークな佇まいがとてもオシャレで、思わず唸ってしまいました。

 また街中のバーやパブに行くと、必ずクラブエンブレムのシールが壁に張られています。今季のフランクフルトのホームゲームはすでにチケットがすべて完売しているので、現地観戦できない人々はこぞってバーやパブへ繰り出して、仲間と共に歓声を上げています。

 先日のベンフィカ戦後に行きつけのパブへ寄ってみると、祭りのあとみたいに店内が雑然としていて、いつもはハキハキと元気な店のおばちゃんが呆然とした表情でカウンターに座って片肘を突いていました。

「どうしたの?」と聞いたら「どうもこうもないわよ」と一言。疲れ切ったその言葉で、試合中の店内がどれだけカオスだったのか想像できました。

“マコト”はもう10年戦士?

 サポーター人気が最も高いのは、クロアチア代表のFWアンテ・レビッチ。昨季までは「フッスバルゴッド(サッカーの神様)」と称されたFWアレックス・マイアーがダントツの1番人気でしたが、彼がザンクトパウリへ移籍したことでレビッチにスポットライトが当たりました。ちなみに、今季大躍進のFWルカ・ヨビッチは21歳の若者だからか、まだそれほどでもない様子。

 他には同じくFWセバスチャン・アレ、左サイドアタッカーの“閃光”コスティッチなど、攻撃的ポジションの選手が注目を集めているようです。

 長谷部選手は、昨季に比べて急速に知名度が高まっていると感じます。先日も中心街のワインバーで出くわした常連さんに「マコトの年齢を知ってるか? 35歳だぞ、35歳! スゲーだろ。俺より歳上なんだぞ」と自慢げに言われたため、「はぁ、そうなんですか。知らなかったです……」と返したら、どう見ても長谷部より歳上にしか見えない彼の機嫌が良くなって「マコトは10年もフランクフルトにいるからな!(本当は約5年) あと10年くらい、ここでプレーするんじゃないか?」と至極ご満悦のご様子でした。

【次ページ】 「バクーだよ、バクー」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フランクフルト
長谷部誠
アンテ・レビッチ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ