“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

川崎の守護神チョン・ソンリョン。
最大の魅力は「リカバリー能力」だ! 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/04/23 07:00

川崎の守護神チョン・ソンリョン。最大の魅力は「リカバリー能力」だ!<Number Web> photograph by Takahito Ando

ホーム初勝利を導いたGKチョン・ソンリョン。最後尾で支える彼の活躍なくして、3連覇はありえないだろう。

ブレ球への対応。

 最後は78分のシーン。

 途中出場のMF鈴木冬一から、フリーになった松田へ横パスが通ると、松田はワンタッチで前を向き、2タッチ目で強烈なミドルシュートを放った。ライナー性の弾丸シュートは無回転で、大きくブレた。だが、ソンリョンはブレたボールにも食いつき、両手でセーブして左へ弾いた。すると、すぐさまダッシュを開始。このボールに岡本が詰めようとしていたが、身体ごと投げ出し、両手でがっちりとボールを抑えた。

 おそらく考えていたより早いタイミングでのミドルシュートだっただろう。それでも、ソンリョンはシュートの段階できちんとコースに立って「面」をつくっていた。だが、ボールは予想以上にブレたことで、ソンリョンから見て右寄りのコースに飛んでいき、左側に流れた。

「あれは正直、1回逆を取られたので、キャッチするのは難しいと判断して、身体でコースを切る形で左に弾きました。詰めている選手も見えたので、すぐに走って抑えました。うまく判断ができた」

シュートストップの瞬間、走り出していた。

 これもまさにリカバリー能力が為せる技だった。ソンリョンは右への弾道から左に伸びるように変化してきたシュートに対し、面をそのまま平行移動させた。その後、詰められてもシュートを浴びる可能性が低い左外にきちんと弾いた。

 こぼれたルーズボールには岡本に先に触れられる可能性が十分にあった。味方も反応していたが、彼はそれを味方任せにせず、「抑えられる」と判断をして、次のステップからもう左へ走り出していた。

「今日もいいところもありましたが、もったいないところもあった。次に繋げて、自信をもってみんなで失点を少なくしていきたい。同じ失点、同じ失敗は僕の中で凄く嫌いなので、そういうのは改善していけば、少しずつ良くなっていくと思う」

 念願のホーム初勝利の立役者となったが、自らに厳しく、そして冷静に事象を見つめるストイックな求道者の姿勢を示した。

「GKは冷静さが一番大事になってくると思う。周りから信頼されるためには、常に冷静さを忘れないということを心がけています」

 川崎の絶対的守護神、チョン・ソンリョン。彼の大胆に見えて、そのきめ細やかなプレーを可能する研ぎ澄まされた能力。筆者とは力量は圧倒的に、(いや、天文学的に)違うが、同じGKとして、これからも注目をしていきたい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川崎フロンターレ
チョン・ソンリョン

Jリーグの前後のコラム

ページトップ