話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

好調トリニータの追い風となるか。
FWオナイウ阿道に本格覚醒の予感。

posted2019/04/26 07:00

 
好調トリニータの追い風となるか。FWオナイウ阿道に本格覚醒の予感。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

昨季J2でブレイクしたFWオナイウ阿道。彼の覚醒があれば、チーム目標の「J1残留」もはっきり見えてくるはずだ。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 現在4位と好調な大分トリニータにあって攻撃陣を引っ張っているのが、もっか6得点で得点王争いのトップを走る藤本憲明だ。

 そこへ更に、ガンバ大阪戦で今季2度目のスタメン出場を果たし、片野坂知宏監督の期待に応えてゴールを挙げるなど、大分の勢いをさらに加速させてくれそうな選手が出てきた。

 FWオナイウ阿道(あど)である。

 ガンバ戦、前半25分のゴールは、練習の成果が出たゴールだった。

 右サイドの松本怜から入ったクロスをGK東口順昭がパンチングしてクリアしようとしたが、そこに詰めていたオナイウ阿道が肩で押し込んだ。

「相手が前に出てくるかどうか分からなかったので足を伸ばしたら届くかなと思ったんですけど届かなくて……。相手が弾いたのが当たって入って少しラッキーなゴールでしたけど、クロスの時はニアに入るのがチームとしての狙いだったですし、普段練習していたことをそのままやれた結果がゴールになったので良かったです」

 そう言ってオナイウ阿道は、少し表情を綻ばせた。

粘り強さを発揮した大分。

 前半は1-0で折り返したが、後半、ガンバがアデミウソンら主力を投入し、システムを変えてくると大分は一方的に押し込まれる展開になった。

 そのことを問われると少し苦い表情で、こう語った。

「前半は相手がなかなか前に来ない中、少し攻めあぐねたところがあった。まぁ自分たちが1点リードしていたのもあるんですけど、もう少し自分もチームも攻め手を増やしていけたらと思いました。後半は、前半終わった時点で『絶対に後半は前に出てくる』という話をみんなでしていました。その準備はしていたんですけど、ひとりひとりの選手のクオリティがガンバの方が上回っていたので難しかったですね。

 ただ、押されていましたけど、シュートのシーンではみんな体を張って防いでいたし、ラストの10分は自分たちも攻撃の形を作れていた。苦しくても我慢して戦えば勝ち点は取れるなって思いました」

 そういってホッとした表情を見せた。

 後半だけ見れば勝ち点を失ってもおかしくない展開だったが、簡単に失わないところに大分の粘り強さを感じる。

 その強さをオナイウ阿道も実感しているようだ。

【次ページ】 昨季J2で22得点、得点ランク2位。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大分トリニータ
オナイウ阿道
藤本憲明
片野坂知宏

Jリーグの前後のコラム

ページトップ