プロ野球PRESSBACK NUMBER

金子弌大が認め、山本由伸は憧れ。
神戸で実現したオリ新旧エース対決。

posted2019/04/23 11:30

 
金子弌大が認め、山本由伸は憧れ。神戸で実現したオリ新旧エース対決。<Number Web> photograph by Kyodo News

山本は2年目の昨季、リリーフとして54試合に登板。今季は開幕ローテ入りし、エースとして期待される。

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 平成最後の神戸開催となった、4月18日のオリックス対日本ハム。先発はオリックスが山本由伸、日本ハムは金子弌大でした。

「入団して2年間、金子さんと同じチームでピッチングを見ることができました。けれど、偉大すぎて、存在が大きすぎて、結局、一度も話すことができませんでした」

 こう話すのは山本投手。彼が入団した2017年、金子投手は一軍のマウンドで1年間、先発ローテーションを守りました。しかし、山本投手が一軍で頭角を現した昨年、金子投手は怪我のため、夏以降は二軍での調整を続けていました。

 同じチームに在籍した2年間、ほとんど交わることのなかった2人の投手の運命。

 野球の神様のいたずらか、金子投手が日本ハムに移籍し、今シーズンが始まって3週間。2人は違うユニフォームを着て、先発として投げ合うことになりました。しかも、舞台はオリックスの歴史を作ってきた、かつてのグリーンスタジアム神戸(現・ほっともっとフィールド神戸)でした。

金子が買っていた山本の才能。

「大貴さん、面白い投手が入ってきましたよ。すごい投手になる可能性があります」

 オリックス時代の金子投手が、こんな話をしてくれたことを思い出しました。

「独特の感性を持っています。やり投げの原理で投げているそうで。山本由伸という子です」

 それからオリックスの背番号43、山本投手の練習を注目して見るようになりました。確かに練習中、棒のようなものを投げてフォームを確認している……左手は真っ直ぐ前に、そして左足を突っ張るようにして踏み込み、投じる。金子投手の言う通り、独特な練習でした。

 グラブから出す左手の指も、多くの選手のように人差し指ではなく、中指を出していました。「真っすぐ前に手を出したとき、中心ラインになるのは中指だから」というのが、その理由でした。

【次ページ】 「完璧すぎて話せなかったです」

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

金子弌大
山本由伸
オリックス・バファローズ
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ