Number PLAYBACKBACK NUMBER

田臥勇太が語るNBAとスラムダンク。
平成バスケブームの「かっこよさ」。 

text by

村岡俊也

村岡俊也Toshiya Muraoka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/04/25 10:00

田臥勇太が語るNBAとスラムダンク。平成バスケブームの「かっこよさ」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

流川と仙道という天才同士の1対1や、言葉によらない対話ができる関係性が好きだと田臥は言う。

「いろんなものが生まれたんです」

 '95年にギネス記録の653万部に達した「週刊少年ジャンプ」の発行部数は、'95年『ドラゴンボール』、'96年『SLAM DUNK』の連載終了で、一気にその数を減らしていく。さらに'99年にジョーダンが2度目の引退をして、日本のバスケブームも終焉を迎える。

 '90年代の終わりと共にバスケ人気も、あっという間に衰えていった。それでも田臥は「あの時代にいろんなものが生まれたんです」と当時の熱狂を強く肯定する。

 取材を終えてタクシーで宇都宮駅へと向かう途中、1台前の白いワンボックスに田臥の所属する「栃木ブレックス」のステッカーが貼られていた。ジョーダンでもレイカーズでもなく、街のチームを讃えている。'90年代のブームが蒔いた種が、こうやって芽を出して、根を張っていく様を、田臥はいつもコート上から眺めてきたのだろう。

 2018年は、田臥に続く、2人目の日本人NBA選手が生まれた年でもある。

(Number968・969号『NBAとスラムダンク。田臥勇太を育んだ憧れの世界』より)

<スポーツブーム平成史>熱狂を超えろ。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田臥勇太
マイケル・ジョーダン
スラムダンク

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ