Number PLAYBACKBACK NUMBER

田臥勇太が語るNBAとスラムダンク。
平成バスケブームの「かっこよさ」。 

text by

村岡俊也

村岡俊也Toshiya Muraoka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/04/25 10:00

田臥勇太が語るNBAとスラムダンク。平成バスケブームの「かっこよさ」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

流川と仙道という天才同士の1対1や、言葉によらない対話ができる関係性が好きだと田臥は言う。

ファッション誌の表紙がジョーダン。

 当時、中高生向けのストリートカルチャー誌「Boon」においてジョーダンのインタビュー記事などを担当し、のちにNBA中継の解説を務める北舘洋一郎は、最も人気のあったクラブのひとつ「芝浦GOLD」で毎週金曜日の夜にバスケ大会が行われていたことを覚えている。原宿の交差点付近にもNIKEが運営するストリートバスケのコートがあったという。

「'96年にジョーダンが初めて日本に来たときには、横浜アリーナが超満員でした。日本では、NBA=ジョーダンでしたよね。僕は日本でのバスケットボールブームの中心は、スニーカーだったと思っています。ファッションと結びついたからこそ、大きなムーブメントになったんだと」(北舘さん)

 ちなみに「Boon」'93年1月号の表紙はジョーダンだが、5月号は観月ありさ、6月号は森高千里である。いかにNBAプレーヤーがアイドル的な人気を博していたかが理解できる。

桜木&流川のバッシュを見てみると。

 バスケがスタイルを持った“かっこいい”スポーツであることを示したのも、『SLAM DUNK』の功績だと田臥は言う。

「もちろんプレーのスタイルもそうなんですが、バッシュやユニフォームの捉え方みたいなものが、本当にかっこよかったですよね。どのキャラクターが、どのバッシュを履いているのかってチェックしていましたからね(笑)。

 こいつはこういうタイプなんだって、バッシュを見ればわかるんで。たとえば桜木は、ジョーダンを知らないでエア・ジョーダン〈I〉を履いているとか、流川楓は本当にジョーダンが好きだから〈V〉を履いているとか」

 '96年に秋田県立能代工業高等学校に入学した田臥は、高校がNIKEと契約をしていたために最新のバッシュを履くことができていた。スニーカーブームが過熱し、なんと部室に泥棒が入って、バッシュがすべて盗まれる事件まで起こったという。

 NBAと『SLAM DUNK』とファッションが渾然一体となって、時代の空気を醸成していった。これらの要素が同時期に存在していたからこそ、あれだけの熱狂的な“ブーム”が起こったのだろう。

【次ページ】 山王と能代、沢北と田臥。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田臥勇太
マイケル・ジョーダン
スラムダンク

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ