JリーグPRESSBACK NUMBER

川崎に大島僚太のパスが戻ってきた。
キャラメルのような甘美さの隠し味。

posted2019/04/17 10:30

 
川崎に大島僚太のパスが戻ってきた。キャラメルのような甘美さの隠し味。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

負傷さえなければ日本随一のゲームメーカーである大島僚太。フロンターレ逆襲のために不可欠な存在だ。

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

「アンドレスはボールをパスするのではない。キャラメルを配るんだよ」

 2003年から2008年までFCバルセロナを率いたフランク・ライカールトは、アンドレス・イニエスタのプレーについて、そんな独自の言い回しで表現したという。

 現在ヴィッセル神戸でプレーするこの世界最高峰の選手は、体勢をほんの少し変えるだけでリズムを作り、相手を引きつけ、そして1本のパスで局面を打開してしまう。

 そうやって、まるでキャラメルを配って喜ばせるがごとく、美味しいパスを味方に配給するのである。

 この言い回しを借りるならば、Jリーグのチャンピオンチームである川崎フロンターレにもキャラメルを配ることのできる選手がいる。

 背番号10を背負う大島僚太だ。

 4月14日のJ1リーグ第7節・サガン鳥栖戦で復帰を遂げると、弧を描く美しいパスで知念慶の決勝弾をお膳立てし、チームの勝利に貢献。さすがの存在感で、見るものをうならせるプレーぶりだった。

乗り切れないチーム状況の中で。

 さかのぼること、約1カ月。

 3月10日、横浜F・マリノス戦のウォーミングアップ中に左太ももに違和感を覚えたことで、大島はキックオフ直前に欠場となった。その後チームはACLとの強行日程も相まって、リーグ戦6試合を終えて1勝4分1敗。どこか乗り切れない状況が続き、4月10日のACL・蔚山現代戦でも終了直前にまさかの失点を喫し、韓国でショッキングな敗戦を喫している。

 どこか重苦しい状況下で、明るい材料が大島の復帰だった。サガン鳥栖戦の前々日、全体練習に合流した感想を求められると、技術面や体力面よりも感覚面のコメントを述べたのが、実に彼らしい。

「久しぶりに選手がプレーしているところと同じところに立つと、みんな早いなと(苦笑)。1カ月離れるとこうなるというのは感じました。頭の中にどれだけ選手の配置が入ってプレーできるのか、というところですね」

【次ページ】 「俯瞰的視野」について聞くと。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大島僚太
川崎フロンターレ
知念慶
アンドレス・イニエスタ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ