Number ExBACK NUMBER

昭和の王貞治、平成のイチロー。
記録に挑み続けた2人の野球愛。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/04/16 17:30

昭和の王貞治、平成のイチロー。記録に挑み続けた2人の野球愛。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ダイエーホークスの監督時代は敵チームで苦しめられ、WBCでは監督と選手として一緒に優勝の歓喜を味わった。

39年前の引退の理由が今に響く。

 そうした甘さを微塵も見せず、誰も到達できない次元で戦い続けたイチローに対して王は称賛を惜しまなかった。

 だが、3月の開幕戦ではそれだけ見惚れたイチローも変調をきたしていた。王の目に映った打席での姿には、これまであったはずの”ある部分”、イチローらしさとも言うべきものが失われて見えたという。

「イチローさえこういう風にならざるを得ないのがスポーツの厳しさだなと思う」

 しかし、だからこそ引退の決断に納得もできたのだった。

 今から39年前、世界のホームラン王も引退会見で身を引く理由をこう語っていたのだから。

「口はばったいようだが、王貞治のバッティングができなくなったためです」

王が見たイチローの変化とはなんだったのか。そして去りゆくイチローに贈る言葉とは?Number976号では、引退を表明したイチロー選手に多くの人から感謝と敬愛の言葉が寄せられています。松坂大輔、ダルビッシュ有、菊池雄星、大谷翔平、三浦知良――。

関連記事

BACK 1 2 3
イチロー
王貞治

MLBの前後の記事

ページトップ