JリーグPRESSBACK NUMBER

強さと脆さが同居したACL逆転劇。
鹿島が勝ち続けるために必要なこと。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/04/10 11:45

強さと脆さが同居したACL逆転劇。鹿島が勝ち続けるために必要なこと。<Number Web> photograph by AFLO

鹿島は勝負強い、という言葉でこの勝利を片づけてはいけない。選手たちは危機感を持っている。

不利に働く風、そして2点ビハインド。

 しかし前半を見る限り、監督の決断が功を奏したとは言えなかった。

 スコアレスドローで前半を終えたが、前半終了間際にGKのクォン・スンテが負傷退場してしまう。

 そして「風下の前半は難しい試合になったけれど、後半になれば、風上に立てると思っていた。でも、後半になった途端、風向きが変わった」と三竿が話すように、鹿島は前半に続き後半も逆風に向かう形での試合を強いられた。ボールが戻るほどの強い風に雨、ピッチの状態も決して良いとは言えなかった。

 後半11分にオウンゴールで1点を失い、後半26分に遠藤に代えて小田逸稀を投入。平戸を攻撃MFにあげ、小田が右サイドバックに立つ。しかし、交代直後のセットプレーで小田のマークが外れた結果、慶南に追加点を許した。

 2点リードした慶南は自陣に引き、逃げ切りを図る。

1人少なくなり、やることが明確に。

 しかし逆に、「相手が引いてくれたので、こちらがうまく押し込めた」という安西のクロスから、今度は慶南のオウンゴールが生まれたのが後半30分。ここからやっと鹿島のギアが上がる。

 それでも慶南のカウンターは脅威であり続け、後半39分に犬飼が2度目の警告を受けて退場。DFラインには三竿が入った。

「退場するまでは、相手にペースを握られてしまった。でもそこからは、点を獲りに行かなくちゃいけないとやることがハッキリした。中で作って、サイドに展開して、最後仕留めようという話はみんなで確認していた」と振り返る金森は、後半46分、言葉通りに左の安西が起点になった攻撃で同点弾を決める。

 そして48分、左からのパスを小田がヘディングで繋ぎ、最後はセルジーニョが右足で蹴りこみ、劇的な逆転弾が生まれる。金森、小田という出場機会の少ない選手たちが大岩監督の起用に答えた。平戸や名古も歓喜の輪に加わりながら、自身の足りなさと安堵感を抱いただろう。

「2失点してしまうというのはディフェンダーとしては許されないこと。それでも勝ってくれたことには感謝している」と話した町田浩樹。フランスに渡った昌子源がよく口にする「ディフェンダーは失点することで成長できる」というのは、大岩監督が伝えた言葉でもある。やられることで得る課題は、成長のきっかけとなる。そのうえ勝利まで経験できるのだから、鹿島の選手が成長するのも当然かもしれない。

【次ページ】 安部「少しでも早く自分のスタイルを」

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鹿島アントラーズ
安部裕葵

Jリーグの前後のコラム

ページトップ