オリンピックへの道BACK NUMBER

フィギュア女子、日本人は表彰台逃す。
4位・紀平梨花「目標はもっと高い所に」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/03/23 11:40

フィギュア女子、日本人は表彰台逃す。4位・紀平梨花「目標はもっと高い所に」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

トリプルアクセルを見事に決めてみせた紀平梨花。本人の手応えとしては「70%くらい頑張ったかな」。

宮原は課題のジャンプに手ごたえ。

 宮原知子は総合6位。

 回転不足をとられるなどシーズン全般にわたった課題としてきたジャンプでは、終盤の3連続ジャンプの最後で手をつくミスはあったが、その他のジャンプはすべて成功させた。

「(8位だった)ショートの分は晴らせたかなと思います。うまくいったりいかなかったり、気持ちも苦しいシーズンだったので、最後、絶対に悔いの残らないようにしたいと思って強い気持ちで臨めたのがよかったかなと思います」

 手ごたえとともに、抱負を語る。

「来シーズンは違った自分を見せないといけないと思っています」

 三者三様、それぞれに試合を締めくくった。笑顔も、涙もあった。ただ、大舞台で得た経験は、必ず、次へ生かすことができるし、3人はしっかり、次へと目を向けている。

 いや、世界選手権に出た3人ばかりではない。出られなかった選手たちも、来シーズンをすでに見据えている。

 足を止めることなく、真摯に励む選手たちの、さらなる成長した姿を――。そんなことも感じさせる世界選手権だった。

関連コラム

BACK 1 2 3
紀平梨花
坂本花織
宮原知子
アリーナ・ザギトワ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ