オリンピックへの道BACK NUMBER

フィギュア女子、日本人は表彰台逃す。
4位・紀平梨花「目標はもっと高い所に」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/03/23 11:40

フィギュア女子、日本人は表彰台逃す。4位・紀平梨花「目標はもっと高い所に」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

トリプルアクセルを見事に決めてみせた紀平梨花。本人の手応えとしては「70%くらい頑張ったかな」。

トリプルアクセルを2本に。

 失敗したショートのあともいたずらに落ち込まず、フリーへと目線を切り替えた。そのフリーではトリプルアクセルを1つにする選択肢もあった。だが、紀平は言う。

「不安もあったんですけど、なんとか自分を信じてやってきたし、1本じゃなくて、2本でいかないとあとで悔いが残ったと思います」

 そして、このように語った。

「昨シーズンと比べて良いシーズンだったと思いますが、まだまだ目標はもっと高いところにあります。どの試合もやりきったと思えるような波のないシーズンを送って、(2022年北京)オリンピックまで行きたいです」

 今シーズンの取り組み方を思い起こさせるように、前を見据える言葉だった。

ジャンプのミスが響いた坂本は5位。

 ショート2位の坂本花織は総合5位で世界選手権を終えた。

 冒頭のコンビネーションジャンプを決めると、その後のジャンプも確実に成功させていたが、トリプルフリップ-ダブルトウループのフリップが1回転に。最後のトリプルループにダブルトウループをつけてリカバリーを図ったが、挽回しきれなかった。

「(フリップは)跳ぼうとして足を替えたとき、いつも(指導する中野園子)先生に『体を揺らすな』と言われているのに揺れてしまい、前の足と後ろの足が近くなってうまく上がれませんでした」

 失敗した原因を語る。

 何度も涙を拭う場面もあった。成功していれば2位にはなれていただけに、結果だけを見ると悔しさも募る。

 だが、演技全体を見れば、スピード感にあふれ、課題にあげてきた表現面でも進歩を遂げたのはたしかだ。

「いちから作り直します」

 決意を口にした。

【次ページ】 宮原は課題のジャンプに手ごたえ。

BACK 1 2 3 NEXT
紀平梨花
坂本花織
宮原知子
アリーナ・ザギトワ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ