マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2019選抜の2大投手がどっちも凄い。
完成型の奥川恭伸、素材の及川雅貴。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/22 18:45

2019選抜の2大投手がどっちも凄い。完成型の奥川恭伸、素材の及川雅貴。<Number Web> photograph by Kyodo News

2019年センバツで最も「すごい球」を投げる投手とも言われる横浜高の及川雅貴。ドラフト上位候補だ。

大谷翔平と同じ軌道のスライダー。

 そしてそれ以上に、スライダーだ。

 昨年の秋までは、変化球はスライダーだけだったように見えたが、このスライダーが「大谷翔平のスライダー」だ。

 右投げ左投げの違いはあっても、球道は同じ。ほぼストレートと同じスピード感で真っすぐに来て、ベースの前で真横にすっ飛んでいく。すっ飛んでいく方向が真逆なだけで、ボールの動きはまったく同じ。

 高校時代の大谷翔平のスライダーを捕球しようとして、最初の1球がミットにかすりもしなかった私が言っているのだから間違いない。

 持ち球のすばらしさは誰もが認めながら、「投げてみないと……」の調子の波を指摘されていたのが、昨秋までの及川雅貴だった。

 昨秋、最後の公式戦となった関東大会の春日部共栄高戦も、先発の3イニング目で5点を失った無念の降板。チームもコールドゲームで敗退している。

 長身の高校生左腕でスピードボール勝負。このタイプは時間をかけて育てていかねばならないのは、これも野球界の「通例」であり、及川雅貴についていえば今できていないことのすべてが彼の「伸びしろ」と考えるべきだろう。

多少のアラは承知、よい所を探したい。

 おそらく仕上がり途上の3月末のこの時期。

 もしかしたら、ええっ! と驚くような乱調があるかもしれないが、万が一あっても、それは「時期」のせいと考えればよい。及川雅貴の「完成型」とは、早くても今年の夏、いや大輪の花が開花するのはもっと先のことかもしれない。

 このセンバツ、私は及川雅貴の「よい所」を探そうと思う。

 まだ数は少ないかもしれないが、手も足も出ないようなクロスファイアーの食い込みに、かすりもしないほどのスライダーの変化。それを見せてもらえれば、それで十分だ。

 1年下で互角の素質を持つ大型左腕・松本隆之介(188cm76kg・左投左打)の追い上げも急だと聞いている。

 横浜高・及川雅貴の正念場は、センバツを越えてここから先で待っている。

関連記事

BACK 1 2 3
奥川恭伸
及川雅貴

高校野球の前後の記事

ページトップ