欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

長谷部誠の情熱はルーキーのよう。
「35歳になっても持っていたい」 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/03/19 11:00

長谷部誠の情熱はルーキーのよう。「35歳になっても持っていたい」<Number Web> photograph by AFLO

ELでベスト8進出を果たしたフランクフルト。長谷部誠はその中心として充実の時を送っている。

その情熱は浦和時代と重なる。

 直近のニュルンベルク戦では、先制点を決めたものの追加点が奪えない時間が続いた。時計の針が進むにつれて、インテル戦同様にオープンな展開となり、何度か相手のカウンター攻撃にさらされた。

「勝負を決定づけるゴールがなかなか取れないゲームでは、後ろは我慢しなくちゃいけない。我慢のしどころだと思っています。とにかく後ろから『しっかり仕留めろ』って、怒鳴ってはいますけど(笑)」

 チームメイトへ向けて声を張り上げる長谷部。それはもうフランクフルトでお馴染みのシーンとなりつつある。

 若いDFがボールを持って迷っていれば、「前へ」と強く主張する。バックパスを出したときには、積極的に行こうという態度を見せた。逆にバランスを崩して攻撃参加しようとするサイドの選手には、「ここまで下がれ」と叱責する。

 ゲームが止まるたびにポジション修正を指示し、時には最前線まで走り、レフリーに抗議する。その姿は情熱をぶちまけるようにプレーしていた浦和レッズ時代と重なる。

「勝ちたいという気持ちは、人一倍強い。若い時から変わらず、ピッチの中の情熱は35歳になっても持っていたい。それは自分がサッカーする上で必要な要素。もちろんある程度コントロールしていますけど、今こそ、より失いたくないものだから」

 現在までに重ねた時間、経験を持ちながら、気持ちはルーキーのように熱い。35歳の今、長谷部は原点回帰したかのようにフレッシュだ。かつてヤンチャな少年だった男は、そのふてぶてしさすら魅力的な武器となり、輝いている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
長谷部誠
フランクフルト
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ