オリンピックPRESSBACK NUMBER

高木美帆「みんなで抜いた」世界新。
小平奈緒、コーチ、強敵への感謝。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2019/03/14 08:00

高木美帆「みんなで抜いた」世界新。小平奈緒、コーチ、強敵への感謝。<Number Web> photograph by Takao Fujita

帰国後、高木は2月の世界スプリントの500mで得た発見が今回の記録にもつながったとコメントした。

「平昌のやりきった感とは違う」

 今回は初日の女子1000mでこれまで小平が持っていた世界記録を、1分11秒61で優勝したブリタニー・ボウ(米国)に塗り替えられたが、翌日には1500mで高木美が新たにワールドレコードホルダーとなり、日本女子の底力と誇りを示した。

 今後は小平もまた世界記録を狙って滑る。ハイレベルなレースは来季も途切れることなく続いていく。

 皆で競い合いながら記録を塗り替えていくことがスピードスケートの醍醐味であり、価値である。高木美が見つけたのはこういうことなのだろう。

「来年、どういうモチベーションになるかは現段階ではわからないですが、でも、昨シーズン、平昌五輪を終えたときのやりきった感とは違いますね」

 言葉に充実の響きがあった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高木美帆
小平奈緒

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ