Number on NumberBACK NUMBER

アルペンスキーの女王。
~女子史上最高、通算82勝の価値~

posted2019/03/13 11:00

 
アルペンスキーの女王。~女子史上最高、通算82勝の価値~<Number Web> photograph by AFLO

ボンはアルペン世界選手権の女子最年長メダリストとなった。また女子で初めて世界選手権6大会で表彰台に立った。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 アルペンスキーの世界選手権が2月17日に終わって、アルペンの女王、米国のリンゼイ・ボンが引退した。2月10日の滑降で銅メダルを獲得、最後の大会で、世界選手権では通算8個目となるメダルを獲得して、2000年11月に16歳でワールドカップにデビューして以来、戦ってきた第一線から身を引くことになった。1984年10月18日生まれで、34歳まで、18年以上にわたって戦ったことを含めて、通算の業績は、歴史に名を残すものとなった。

 ワールドカップでは通算82勝を挙げていて、女子としては歴代トップだ。男女を通じたトップはスウェーデンのインゲマル・ステンマルクが記録した86勝だから、ボンはステンマルクの記録を目標にしていたようだが、わずかに届かなかった。だが、82勝の内容と、ボンの競技人生を振り返ってみると、歴史的に見てたいへん意味のある記録であることが分かる。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

リンゼイ・ボン

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ