欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ジダンはなぜマドリーに戻ったか。
会長との不仲を超えた計算と激情。

posted2019/03/12 11:30

 
ジダンはなぜマドリーに戻ったか。会長との不仲を超えた計算と激情。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

ペレス会長の元に戻ったジダン監督。第2次政権は混迷極まるマドリーの立て直しから始まる。

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 異例の決断の背景にあったのは、「男気」か「計算」か、それとも──。

 現地時間3月11日、ジネディーヌ・ジダンが古巣レアル・マドリーの監督に電撃復帰した。契約期間は2022年6月30日までの3年半だという。

「この場所に戻って来られて嬉しく思う」

 復帰会見でそう語ったジダンだが、昨年5月31日、チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝でリバプールを下し、前人未到の3連覇を成し遂げたわずか5日後に辞任を表明してから、まだ1年も経っていない。さすがは現役時代、予測不能なプレーで対戦相手と観客を欺き続けてきたファンタジスタである。

 辞任も青天の霹靂だったが──その意思をフロレンティーノ・ペレス会長に告げたのは記者会見の前日だったという──復帰はそれ以上に電撃的で、衝撃的だ。正直に言えば、正式発表された今もまだ信じがたい。

ペレス会長との冷めた関係。

「就任から3年が過ぎた(正確には2年半)。マドリーがこれからも勝ち続けるためには、今こそ変化が必要だった」

 9カ月前、ジダンは辞任の理由をそう口にしている。しかし、その背景にペレス会長との冷めた関係があったとの噂は、当時からマドリー周辺で囁かれていた。

 ビジネス優先で派手な仕掛けを好むペレスに対し、カネに無頓着で何よりも現場を大切にするジダン。選手を「商品」と見るか、ひとりの「人間」として見るかという点で対照的なふたりは、おそらく地の果てまで行っても、相容れることがないはずだ。

 だからこそ、信じがたいのだ。

 想像してみてほしい。あなたが中間管理職のサラリーマンで、そりの合わない上司の下で仕事をすることになったとする。それでもあなたは真摯に、ひたむきに働いて、トップの営業成績(CL制覇)を残した。

 けれど上司は、あなたが貴重な人材と見なしていた部下たち(ペペ、アルバロ・モラタ、ハメス・ロドリゲスら)のクビを容赦なく切り捨て、それでいてその穴を埋める十分な人員補充もしてくれない。挙句の果てには、もっとも頼りにしていた右腕(クリスティアーノ・ロナウド)も、「給料が高すぎる」と言って追い出してしまうのだ。

【次ページ】 忠誠心、男気はあるだろうが。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジネディーヌ・ジダン
レアル・マドリー
フロレンティーノ・ペレス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ