プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武のドラフト3位は活躍する?
山野辺翔は浅村、秋山らに続くか。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/07 11:00

西武のドラフト3位は活躍する?山野辺翔は浅村、秋山らに続くか。<Number Web> photograph by Kyodo News

守備練習で辻監督から手ほどきを受けるルーキー・山野辺。南郷キャンプで猛アピールした。

噂を差し引いても期待できる選手。

 最初は冗談交じりに語られていた話が、真実のように思えてきた。

「ライオンズのドラフト3位選手は大成する」

「それも偶数年の場合は確実にスター選手となる」

 そんな話が広がっていった。

 山野辺もまた、その噂を入団前から知っていたという。ただし、噂を差し引いても期待値の大きい選手であることは確かだ。山野辺は桐蔭学園高校から桜美林大学、三菱自動車岡崎を経て西武に入団した。

 ドラフトのジンクスについて語る。

「自分の場合は、もともとそれほど注目される選手じゃなかったので、ドラフト3位ということで期待してもらえるのはうれしいですね。高校時代は、スタメンで常時出場していたわけではないし、大学でも、今でこそ強くなってきましたけど、僕がいたときはさほど……(苦笑)。まだ硬式野球部ができたばかりで、注目校ではありませんでした。だから、大学生まではプロ入りを意識したことがなかったんです」

奇しくも「セカンド」が空いた。

 内野であればどこでも守れるのが山野辺のセールスポイントだが、奇しくも最も経験が多いのは、浅村のFA移籍によってぽっかりと空いたセカンドである。

 ただし「絶対的なレギュラーが抜けるのでチャンスは広がるけれど」と、慎重に話を続ける。

「そのライオンズに入るということで、プレッシャーも大きくなりました。それに辻監督が現役時代に守っていらしたのもセカンドですからね」(山野辺)

 周囲が期待し、注目が集まるほど、重圧は強くなる。

【次ページ】 転機となったマンツーマン指導。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山野辺翔
源田壮亮
辻発彦
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ