プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武のドラフト3位は活躍する?
山野辺翔は浅村、秋山らに続くか。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/07 11:00

西武のドラフト3位は活躍する?山野辺翔は浅村、秋山らに続くか。<Number Web> photograph by Kyodo News

守備練習で辻監督から手ほどきを受けるルーキー・山野辺。南郷キャンプで猛アピールした。

熾烈なポジジョン争い。

 3月3日、広島とのオープン戦で1号本塁打を放つなど、開幕一軍入りに向けてアピールを続けている。今のところセカンドのポジション争いでは、一昨年、昨年と連続で、内外野で100試合以上に出場した内野手登録の外崎が一歩リード。あとに続くのが昨シーズン、一軍デビューを果たした山田遥楓や金子一輝といった若手と、この山野辺だ。

 熾烈なポジション争いについてキャンプ中に山野辺に聞くと、こう語った。

「実は、まだほかの選手を意識できるほど自分に自信がありません。今は自分の課題に取り組むことで精いっぱい。モチベーションの矢印は自分に向いています。プロの世界がどういうものかというのも、現段階では把握できていないので……。

 ただ、野球は『自分のできることしか表現できない』ものだと思います。まずは、今できることをやっていくしかありません」

 キャンプ中、課題としていた守備については連日の特守で磨き上げてきた。迎えたオープン戦でも、少ない出番の中でアピールを続けている。

「キャンプ、オープン戦と、自分の野球の技術をアピールしていきたいですね。あとは元気よくプレーすること。声はいつでも出せますから、キャンプ中から大きな声でアピールはしてきました」

 ドラフト3位のジンクスは今年も受け継がれるのか。山野辺のプレーに注目が集まる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
山野辺翔
源田壮亮
辻発彦
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ