セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ユーベが直面したCL敗退の危機。
ロナウドの9季連続4強もピンチ。

posted2019/03/07 11:30

 
ユーベが直面したCL敗退の危機。ロナウドの9季連続4強もピンチ。<Number Web> photograph by Getty Images

23年ぶりの欧州制覇を期待されて、今シーズンから加入したC・ロナウドだが、A・マドリーとの1stレグでは相手の守備に封じられた。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 この逆境は越えられるのか。

 A・マドリーとのCLベスト16ラウンド。1stレグに臨んだユベントスは、敵地で0-2の手痛い敗戦を喫した。

 逆転突破するためには、12日のホームゲームで3ゴール以上の得点差をつけて勝つか、90分でタイスコアにして延長戦に持ち込むしかない。

 アトレティコはシメオネの監督就任以来、CLやEL、コパ・デル・レイいずれにあっても1戦目を先勝した後は、必ず勝ち上がってきたカップ戦巧者である。

 一方、チャンピオンズカップの時代から数えて、1戦目を0-2で落とした前例を5度持つユベントスは、そこから逆転に成功したことは一度もない。

「我々が精神的ショックを受けたのは確かだ。だが、私はこの状況を楽しんでいる。0-0で引き分けていたよりよっぽど刺激的じゃないか」

 指揮官アッレグリは、圧倒的劣勢の中で勝機を見出そうとしている。

怒り狂うユベンティーノ。株価も暴落。

 今季こそ、と期待を抱く周囲のショックと失望は大きい。

 初戦を落とした翌日、ユベントスの株価は市場で11%も下落し、1億6200万ユーロ(約200億円)相当の株価が消し飛んだ、とされる。

 戦前にさんざん楽観ムードを煽っていた地元各紙は敗戦に掌を返し、右SBにカンセロではなくデシーリオを先発起用したことや後手に回った交代策などアッレグリの采配を猛批判。

 醜態に怒り狂うユベンティーノたちは、直後のセリエA25節ボローニャ戦で応援をボイコットし、チームとの空気は穏やかではない。

【次ページ】 兵器3バックは勝機を見出せるか。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ユベントス
マッシミリアーノ・アッレグリ
アトレティコ・マドリー
クリスティアーノ・ロナウド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ