スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

「山の神」はやっぱりしぶとかった。
今井と神野はなぜ生き残れたか。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/03/05 16:30

「山の神」はやっぱりしぶとかった。今井と神野はなぜ生き残れたか。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

悪条件の東京マラソンは、選手それぞれのゴール設定も交錯するレースになった。神野はMGC出場権の獲得に成功した。

なぜふたりは生き残ることができたのか。

 それにしても、ふたりの山の神はしぶとかった。

 なぜ、ふたりは過酷な気象条件で生き残ることができたのか。

 私は、「注目されてきたこと」が、最終的に自分の力に変換できるからだと思っている。

 今井はいう。

「高校時代の恩師と、オリンピックのマラソンで勝負するという目標を立てました。大学を卒業してからトヨタ自動車九州では、最初からマラソンで勝負するということを大きく掲げてスタートできて、結果が出ないことの方が多いですが、最初に立てたいちばん大きな目標をぶれさせずにやっています」

 朴訥としているが、とてもいい言葉だ。

 神野はいう。

「学生の時、そして大学を卒業してからも、たくさんの注目をいただきながら、なかなか結果を出すことができませんでした。正直、今回のプレッシャーはハンパなかったですが、このプレッシャーに勝つことができたので、どんなプレッシャーにも対応できると思います。これからは、自分自身の結果に執着できます」

 神野と話をするたび、東京オリンピックを控えているがゆえに、「急いでるな」と思ったこともあった。

 しかし、それが彼の「栄養」なのだと気づいた。

 ふたりの山の神、あの急峻を上ったスピリットは、ハンパない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
今井正人
神野大地
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ