SCORE CARDBACK NUMBER

東京五輪の金メダルのために。セブンズ林大成の前例なき挑戦。~15人制を退団して、7人制に専念~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2018/07/20 07:00

東京五輪の金メダルのために。セブンズ林大成の前例なき挑戦。~15人制を退団して、7人制に専念~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

日本協会との契約は今年9月まで。「結果が出なければ更新してもらえません」。前例なき挑戦の結末や如何に。

 所属先は日本ラグビー協会。雇用形態は専任契約選手。7月20日に米国サンフランシスコで開幕する7人制ワールドカップ男子日本代表・林大成のプロフィールである。

 と聞くと、セブンズのスペシャリストを想像してしまうが……実は、林のセブンズ歴は長くない。東海大時代に国内大会には出場したが、ユースも含めてセブンズ代表候補等には無縁。俊足でも巨漢でもなく持ち味はアタックよりタックル。「自分でも、セブンズに向いてるとは思わなかった」とまでいうのだ。

 そんな林がセブンズ代表を目指したのは、「自分のラグビー人生で最大の目標をどこに置くのかを考えたとき、東京五輪で金メダルを取りたいと思った」からだ。キヤノンのGMを通じて「セブンズの合宿に行きたい」と直訴を重ねた結果、ワールドセブンズに向けた代表候補合宿に声がかかったのが'17年2月。「ケガ人とかでメンバーがいなくなって」(本人)5月の英仏大会で念願の初代表入り。だが、そこで自分の立ち位置を思い知る。「自分自身、金メダルなんて、そんなレベルには圧倒的に足りなかった」という。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

林大成
オリンピック・パラリンピック
東京五輪

ラグビーの前後のコラム

ページトップ