ラグビーPRESSBACK NUMBER

19年ぶりラグビー大学日本一へ!
明大で花開く早熟の天才、梶村祐介。

posted2018/01/06 08:00

 
19年ぶりラグビー大学日本一へ!明大で花開く早熟の天才、梶村祐介。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

紫紺のジャージのフィニッシャー役を務める梶村。メイジファンの希望として、日本一を狙う。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 2018年。新しい年を迎えた秩父宮ラグビー場で、いきなりすごいトライが生まれた。

 1月2日、大学選手権準決勝の明大vs.大東大。7-14とリードされて折り返した後半、明大が同点に追いつき、PGで逆転したあとの後半21分だった。自陣22メートルライン付近で、大東大の7番、キャプテンの河野良太にタックルした明大の背番号12、梶村祐介は、そのまま腕でボールを奪い取ると、すぐに反転して相手陣へ蹴り返した。

 キックといっても、こういう場合は、いわゆる「クリア」――危険ではないところへ、とりあえずボールを運ぶ――だと、見る者は思っただろう。

 だが、違っていたのが蹴った梶村だった。蹴ったと同時に、ボールを追って敵陣へ向かって猛然とダッシュ。相手ゴール前で弾んだボールを掴んだ相手センター畠中豪士に思い切りプレッシャーをかけ、キックをチャージ。宙に弾んだボールを掴むと、そのままトライを決めたのだ。

 ボール獲得、キック、チェイス、チャージ、キャッチ、そしてトライ。

 すべて紫紺の背番号12、梶村祐介。

「トライって1人で取れるもんだね」

 そんな言葉をかけたくなる。

左ひざを痛めた直後、キックからトライに持ち込む。

 驚くのはそれだけではない。このプレーの直前に梶村は左膝を痛めていたのだ。味方のキックを追って跳び上がって捕球し、着地したところにタックルに入られた。その後しばらく、トレーナーに足の具合を見てもらっていた。

 足には痛みが残っている。その状態で、梶村はボールを奪ってキックを蹴り、先頭に立ってそのボールを追い、相手キックをチャージしてトライにつなげたのだ。

「あの時間帯は、流れがどっちに行くかわからない時間帯でしたからね」

 梶村はそう言った。

「だからキックを蹴ったら、追いつくかどうか分からないけれど、チャージできなくてもプレッシャーをかければ、ちょっとでもいい位置で次のセットプレーをスタートできる、そう思って、とりあえず走りました」

【次ページ】 狙ってたわけじゃないけど、可能性を頭に入れて。

1 2 3 4 5 NEXT
明治大学
梶村祐介
エディー・ジョーンズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ