NumberEYESBACK NUMBER

全国高校サッカーで見た、
3つの強烈な“個性”。
~宮市亮、柴崎岳、樋口寛規~ 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/01/31 06:00

全国高校サッカーで見た、3つの強烈な“個性”。~宮市亮、柴崎岳、樋口寛規~<Number Web> photograph by KYODO

決勝で通算8点目のゴールを決めた樋口。今大会の得点王に輝いた

 滝川第二の初優勝で幕を閉じた第89回高校選手権。今大会を彩った多くのタレントたちの中で、一際目を引いたのが宮市亮(中京大中京)、柴崎岳(青森山田)、樋口寛規(滝川第二)だ。彼らは他の選手とは一線を画す強烈な個性を持っていた。

 3人のプレーからは技術、精神的にも伸びシロが感じられる。彼らが次なるステージで活躍する日も、そう遠くなさそうだ。

 特にアーセナル入団内定の宮市と、鹿島入団内定の柴崎は、その話題性も手伝って、大会前から注目を一身に集めていた。

 宮市は準優勝した久御山と初戦で激突。持ち前の爆発的なスピード、トップスピードでも落ちない足元の技術、そしてシュートセンスを生かし、1得点1アシストの活躍をみせたが結果は2年連続の初戦敗退。最後の選手権は早々に幕を閉じた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

宮市亮
柴崎岳
樋口寛規

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ