SCORE CARDBACK NUMBER

理想だけを語らない、
境高校の超守備的戦術。
~高校サッカー界の極北を見た!~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMasako Sueyoshi

posted2010/01/22 06:00

理想だけを語らない、境高校の超守備的戦術。~高校サッカー界の極北を見た!~<Number Web> photograph by Masako Sueyoshi

前日の試合で10得点をあげた神村学園の猛攻に守備を固めてプレッシャーをかけた境高校

「守備しかできなくても、ここまでできるというインパクトは残せたのではないかと思います」

 先ごろの全国高校選手権を取材するなかで、境高校(鳥取)・廣川雄一監督のそんな誇らしげな言葉が印象に残っている。

 この大会で見せた、境のサッカーは衝撃的だった。相手FWをいまどき珍しいマンツーマンでマークし、最後尾にはふたりもDFが余る超守備的戦術。特に3回戦の神村学園戦はスゴかった。

 流動的に出入りしてくる2トップ+2MFにマンマークをつけ、その後ろにふたりが余る。さらに、神村の攻撃的SBを高い位置で抑えるため、“ディフェンシブ・ウイング”を両サイドに配し、中央にはボランチを置く。1トップだけを残し、10人で守りを固めた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ