SCORE CARDBACK NUMBER

流行のパスサッカー、
その神髄は守備にあり。
~静岡学園が真にバルサ的な理由~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byMasako Sueyoshi

posted2011/02/12 08:00

流行のパスサッカー、その神髄は守備にあり。~静岡学園が真にバルサ的な理由~<Number Web> photograph by Masako Sueyoshi

2度目の優勝を狙った静岡学園は1回戦、2回戦と快勝。3回戦はPK戦で2本外し敗退

 アジアカップ準々決勝を前に、カタール代表監督のブルーノ・メツが、日本を「アジアのバルセロナ」と評して話題となった。その意味は(日本が、それにふさわしいかどうかはさておき)、強さだけでなく、美しさも持つパスサッカー、といったところだろうか。現在のサッカー界では、バルサに例えられることは、最高のほめ言葉だと言っていい。

 先月決勝が行なわれた高校選手権でも、準優勝した久御山が「京都のバルセロナ」と呼ばれていた。パスサッカーを志向する高校は増加傾向にあり、「○○のバルセロナ」が、今後も出現する可能性は高い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 645文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

アジア杯激闘録。~ザックジャパン総力特集~

関連記事

バルセロナ

高校サッカーの前後の記事

ページトップ