プロ野球PRESSBACK NUMBER

雄星移籍の西武を救う新人トリオ。
松本、森脇、粟津の株が急上昇中。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/02/21 11:30

雄星移籍の西武を救う新人トリオ。松本、森脇、粟津の株が急上昇中。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年の入団会見では松本が「新人王をとれるような活躍を見せたい」と宣言した。西武投手陣の底上げに期待がかかる。

26歳、結果を出さなきゃ。

 26歳という年齢でのプロ入りに至るまでも、紆余曲折を乗り越えてきた。社会人3年目には、思うような結果が出せず、退部を覚悟したと振り返る。

「4年目の年をスタートするときに『今年1年、もし結果が出なかったらクビだろうな』と思って、最後だと思って必死に取り組みました」

 当時の気持ちと同様、一軍キャンプでも生き残りをかけて必死だと語る。

「自分は年齢のこともあって、1年目から結果を出さなきゃいけない立場だと思っていました。だから一軍キャンプに同行できると聞いたときには、ありがたいし、ほっとしたところもあります」

 ドラフト1位の松本を「変に意識はしないけど、負けられないとは思っています」ときっぱりと語った。

粟津は潮崎のシンカーを参考に。

 もう1人のルーキー、粟津はシンカーを得意とする横手投げ投手である。高校生のときに、動画を参考にしてシンカーを投げ始めた。そのとき見た動画が、ライオンズOBの潮崎哲也投手のものだったという運命的な入団だ。

「ずっと潮崎さんの動画を見ながら練習していて、やっと思うように操れるようになったのが大学3年のときでした。入団発表の前にホテルで潮崎さんにお会いしたときに『がんばって』と言っていただいてうれしかったですね。機会があったらシンカーを直接教えてもらいたいです」

 森脇同様、今後のオープン戦の結果によっては開幕一軍も視野に入ってくる。

「一軍でしっかり投げて、チームにもファンの皆さんにも信頼してもらえる投手になることが目標です」

 即戦力と言われる3名の投手が一軍でしのぎを削れば、おのずと投手陣の層も厚くなる。

 ルーキーの3投手は西武投手陣の救世主となるか。

関連記事

BACK 1 2 3
松本航
森脇亮介
粟津凱斗
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ