“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

2年連続J2降格を味わった瀬川祐輔。
「レイソルだから」残留してプラス。

posted2019/02/21 07:00

 
2年連続J2降格を味わった瀬川祐輔。「レイソルだから」残留してプラス。<Number Web> photograph by Takahito Ando

瀬川祐輔は「ちばぎんカップ」でゴールを決めるなど、開幕への調整が順調にいっているようだ。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 覚悟のシーズンの幕開けに相応しいスタートだった。

 2019年をJ2で戦うことになった柏レイソルの背番号18瀬川祐輔は、17日のプレシーズンマッチ・ちばぎんカップで、チームの2019年オープニングゴールを叩き出した。

 ネルシーニョ新監督のもと、瀬川は4-1-4-1の左サイドハーフとしてスタメン出場した。16分に左サイドでボールを受けると、相手のプレスの甘さを逃さずに左足を一閃。力の抜けたフォームから放たれたシュートはDFの足に当たって、そのままゴール左隅に吸い込まれた。

 先制ゴールを決めた後も得意の動き出しの速さを駆使して、左サイドからDFラインの裏を狙ったが、チームは2-2の末にPK負けを喫した。

「今年は内容よりも結果。徹底的に結果にこだわらないといけないシーズン。リーグではこういう試合をしないようにしないといけない」

 試合後、瀬川はこう悔やむとともに、今週末から始まるJ2リーグ戦に向けての想いを語った。

昨季はチーム最多9得点。

 瀬川は昨年、大宮アルディージャから柏に移籍した。2017年の大宮ではリーグ16試合2ゴールに留まり、J2降格。それでもDFラインとの駆け引きや一瞬のスピード、シュートセンスを買われ、柏に完全移籍した。

 柏に加入後、瀬川はちょうど1年前のちばぎんカップでもゴールを決め、幸先のいいスタートを切った。序盤戦こそ出番が少なかったが、中盤戦から終盤戦にかけて持ち前の得点力を生かし、チーム最多となるリーグ戦9ゴールをマーク。しかし柏は最終的にJ2降格の憂き目にあった。

 瀬川にとっては2年連続のJ2降格。その一方でシーズン終盤は輝きを放ち、相手にとって脅威となるプレーを見せた。それだけに彼が再び移籍する可能性は十分にあった。

【次ページ】 残留の決め手は柏の環境。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

瀬川祐輔
柏レイソル
ネルシーニョ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ