SCORE CARDBACK NUMBER

ザンビアへ渡る元J1戦士、
中町公祐がサッカーに託す願い。
~社会貢献を目的に据える生き方~

posted2019/02/21 11:00

 
ザンビアへ渡る元J1戦士、中町公祐がサッカーに託す願い。~社会貢献を目的に据える生き方~<Number Web> photograph by KYODO

湘南、福岡、横浜FMに在籍した中町(右)は13年間でJ1とJ2合わせて284試合に出場、27ゴールを挙げた。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

KYODO

 フットボーラーの醍醐味は、世界どこででもプレーできる点にある。ステップアップの移籍、力試しの移籍……様々なカタチがあるなかで横浜F・マリノスを退団した“頭脳派ボランチ”中町公祐は、社会貢献を主目的としてアフリカ・ザンビアに渡った。

 33歳、現役キャリアの終盤に入ったことで“自分にしかできないことは何か”をずっと考え、出した結論でもあった。

「日本とアフリカのサッカー界をつなげる、その一歩になれないかって思うようになってきたんです。僕がプレーすることで日本人の目をアフリカに向けられないか、逆にアフリカの人の目を日本に向けられないかって」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 601文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

横綱論。さらば、稀勢の里

Sports Graphic Number 972

横綱論。
さらば、稀勢の里

 

関連記事

中町公祐
横浜F・マリノス

Jリーグの前後の記事

ページトップ