ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

酒井高徳は「重要すぎる選手」。
新システムの中心に選ばれた理由。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/02/19 10:30

酒井高徳は「重要すぎる選手」。新システムの中心に選ばれた理由。<Number Web> photograph by Getty Images

日本代表時代、ボランチを務めたこともある酒井高徳。マルチロールな能力が28歳にして開花し始めた。

「あぁ、頭が疲れたなぁ」

 チームの成長が個人の成長に、個人の成長がチームの成長につながる。今の酒井はそんな幸せな環境に身を置いている。そしてボルフ監督からこんな声もかけられるという。

「俺たちの今のシステムが機能するかしないか、オマエはそのポイントになっている。オマエは重要すぎる選手なんだ」

 確かに、2部での戦いはレベルが落ちる。ドイツに渡ってから6年半経験した1部時代と比べて、試合後の身体の疲れは軽減された。しかし酒井は最近、試合後にこう感じるという。

「あぁ、頭が疲れたなぁ」

 3月に28歳となる酒井は、サッカー選手としてのキャリア中盤にさしかかっている。そこから大きく伸ばせるものがあるとしたら、サッカーを考えてプレーする力にほかならない。

 だから、これからの酒井が周囲を驚かせるような進化を遂げたとしても、何ら不思議ではない。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
酒井高徳
ハンブルガーSV

海外サッカーの前後の記事

ページトップ