話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

ミシャ「カウンターは仕方ない」
それでも札幌は攻めて優勝を目指す。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/02/19 11:00

ミシャ「カウンターは仕方ない」それでも札幌は攻めて優勝を目指す。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

札幌がこれほど期待値の高い状態で迎えるシーズンが過去あっただろうか。ACL、そして優勝を本気で目指す。

一番上に立つためには、経験が必要。

 ミシャは、広島時代にJ2で優勝し、浦和時代にはカップ戦で優勝している。

 だが、J1リーグ戦では優勝していない。あと一歩のところで優勝を逃してきただけに、優勝をすることのむずかしさを誰よりも理解している。今シーズンの札幌のミッションはトップ3入りだが、それを実現するため、あるいはリーグ初優勝するためには何が必要になるだろうか。

「一番上に立つためには、経験が必要になってきますが、うちのチームには優勝を争った経験がないし、もちろん優勝経験もありません。そういう経験がない中、強いモチベーションを維持し、強い気持ちとエネルギーを持って年間通して戦っていけるか。

 また、優勝するためにはもちろん常に勝たないといけないのですが、そういうプレッシャーが付きまとう中、いかにそれをはね除けて平常心を保ちながら戦えるか。練習の時のように平常心を持って毎試合シーズンを通して戦うことができれば、札幌は優勝できると思います」

 昨シーズンの4位は「出来すぎ」という声が選手の中から上がっていた。

 2年目になれば相手はさらに札幌を分析し、ウィークポイントを突いてくるだろう。昨年よりもうまくいかないことが増えるはずだ。その中で新旧の選手が融合し、粘って勝ち点を拾いつづけ、優勝争いに絡むことができるか――。

 今シーズンは、ミシャと札幌の本当の力が試されることになる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ミハイロ・ペトロヴィッチ
北海道コンサドーレ札幌

Jリーグの前後の記事

ページトップ