JリーグPRESSBACK NUMBER

甲府、名古屋、大分を支えた男の死。
誰より謙虚だったダニエルを偲んで。

posted2019/02/19 17:00

 
甲府、名古屋、大分を支えた男の死。誰より謙虚だったダニエルを偲んで。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

つい2016年まで、ダニエルは日本でプレーしていた。彼の笑顔と勇姿は多くの人の心に今も焼き付いている。

text by

渡辺功

渡辺功Isao Watanabe

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 神様の選択はときに不公平だ。そう思いたくなるような訃報がブラジルから届いた。

 '09年から約7年半、ヴァンフォーレ甲府、名古屋グランパス、大分トリニータと、3つのJクラブでプレーしたDFダニエル・シルバ・ドス・サントス(登録名ダニエル)さんが、2月10日の朝、肺がんのため亡くなったという。36歳の若さだった。

 なにもそこまで遠くへ弾き飛ばさなくてもと言いたくなるほどの、豪快なヘディングでのクリアに、ストライドの大きな直線的なドリブル突破は迫力満点。186cm、79kgの体格もあって外見はコワモテだが、チビッ子ファンを見かけると、みずから歩み寄っては腰をかがめ、優しく頭を撫でてあげる。

 リーグ戦が終わると、何かと理由をつけては帰国を急ぐブラジル人選手も多いなか、「俺は上手くなりたいから。もっといろんなことを教えてくれ」と、年末の最後までチーム練習に参加する真面目さの持ち主で、多くのチームメイトやサポーターから愛された。それだけに、早過ぎる別れには驚きと悲しみが広がった。

家計を助けるために15歳から会社勤め。

 1982年5月30日、リオ・デ・ジャネイロ州の南に位置する海沿いの街カボ・フリオの生まれ。父親は漁師をしていたが、暮らしぶりは楽ではなかった。14歳のとき、地元のサッカースクールにスカウトされて初めて本格的にサッカーを始めるのだが、3人兄妹の長男とあって、家計を助けるために15歳から働き始めると、いつしかサッカーをしている時間はなくなっていた。

 ところがそんなある日、勤め先の会社に連絡が入る。

「そちらの会社で働いているダニエルを、ウチに欲しいんだけど……」

 地元の小さなクラブ「リオダス・オストラスFC」からだった。詳しく聞くと、サッカースクール時代の指導者が「リオダス・オストラスFC」のコーチに就いて、ダニエルのことを探していたのだという。

 突然の誘いに困惑したものの、勤め先の社長も「ダメだったらウチの会社に戻って、また働けばいいじゃないか」と背中を押してくれたこともあり、挑戦を決意。フットボーラーへの第一歩を踏み出す。

【次ページ】 着実にステップアップ、そして甲府へ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダニエル
安間貴義

Jリーグの前後のコラム

ページトップ