Number ExBACK NUMBER

現役のレジェンド、38歳の中村憲剛。
今も成長し続ける秘訣を聞いてみた。 

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/02/05 08:00

現役のレジェンド、38歳の中村憲剛。今も成長し続ける秘訣を聞いてみた。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

「10年前と比べて、劣っているところは多分あるんでしょうけど、それをカバーできるのもサッカーのいいところ」と38歳の司令塔は言う。

これまで大きな怪我がなかった。

 振り返ってみると、中村のサッカー人生には大きな怪我がない。

 強いて言うなら「腰痛くらい」と本人。基本的には「接触しないでプレーする」のがモットーだ。出来る限り、ポジショニングでかたをつける。

 メンテナンスにかける時間もたっぷりと確保している。

 練習場の麻生グラウンド滞在時間はチームの中でも長い。先手必勝だ。「どこかが痛くなってからケアするんじゃなくて。痛くならないようしっかりとケアすることが大切」。まあ、今日はいいかという日は作らない。「体で勝負をするタイプじゃないですからね。筋力の数値も高くありませんから。だからこそ、ケアに重きを置かなければいけないという発想が若い頃からあったのかも」。自宅でも就寝前のストレッチは欠かさない。

 そして、当然のことながら技術の追求。

「技術にしても個にしても、極めるのは無限なんですよ。天井がない。どんな選手でもミスをしますが、そのミスをいかに減らせるかを努力するのは自由。どうせやるならミスはしたくないし、むしろいいパスを出したい。自分が描いた通りのプレーを常にやるために、頭をフル回転させるんです」

 周囲との相互理解も欠かせない要素だ。

「チームの哲学もそうだし、若い選手の成長もそうだし、自分がそう思っていても周りが理解してくれなければ走らなければいけないサッカーになる。理解してくれている選手が多いのは大きな救い。

 こういうサッカーでチャンピオンになる、とチームが方向性を示してくれていることも、自分がここで生きる要素になっています」

【次ページ】 「だから変化に対する恐れはない」

BACK 1 2 3 4 NEXT
中村憲剛
川崎フロンターレ
小笠原満男

Jリーグの前後のコラム

ページトップ