欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

バルサからカンテラ育ちが消える?
“聖域”の中盤は今や移籍組が占拠。

posted2019/01/30 08:00

 
バルサからカンテラ育ちが消える?“聖域”の中盤は今や移籍組が占拠。<Number Web> photograph by Getty Images

シャビ、イニエスタが去り、今度はブスケッツの後釜……。メッシが健在のバルサだが、有望な生え抜きの不在は懸念である。

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph by

Getty Images

「右SBなど石ころでも置いておけばいいものを!!」

 旧知のスペイン人ジャーナリストがそう言って憤慨したのは、2017年の夏に、バルセロナが3000万ユーロ(約38億円)という大金を叩いて、ポルトガル代表のネウソン・セメドを獲得した頃だった。

 セメドを個人攻撃したかったわけではないだろう。ただ、決して派手なポジションではない──彼に言わせれば石ころのようにどこにでも転がっている──右SBの人材でさえ、もはやバルサは自前で育てられなくなってしまったという事実を、皮肉を込めて嘆いたのだ。

 ラ・マシア(バルサの育成組織の総称)から、トップチームへの人材供給が滞って久しい。今ではほとんどのポジションが外部からの血で染められているが、ついには“バルサイズムの聖域”とも言うべき中盤センターからも、ラ・マシア組が消え去ってしまう時代が訪れるのかもしれない。

デヨング獲得に地元紙は喝采。

 現地時間の1月23日、バルサはアヤックス・アムステルダムに所属するオランダ代表MF、フレンキー・デヨングを獲得したと発表した。

 将来を大いに嘱望される21歳の俊英の到来を、『ムンド・デポルティーボ』や『スポルト』といったバルサ寄りのメディアは、それこそ諸手を挙げて歓迎している。パリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティとの激しい争奪戦を制したことも、喜びを倍増させている要因だろう。7月1日の入団が待ち切れないとばかりに、交渉の舞台裏から未来予測まで、デヨングにまつわる報道は熱を帯びる一方だ。

 素晴らしいプレーヤーであることは間違いない。

 味方にピンポイントで届けるロングフィード、アウトサイドにボールを乗せてくるりと方向転換するターン、背筋を伸ばして持ち上がり、局面を前に推し進めるドリブル……。高度なテクニックを平然と繰り出せるのは、視野の広さと卓越した戦術眼を備えているからでもあるだろう。

【次ページ】 ラ・マシアの意義はあるか?

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バルセロナ
リオネル・メッシ
セルヒオ・ブスケッツ
アンドレス・イニエスタ
フレンキー・デヨング
シャビ・エルナンデス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ