リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

裏切り者モラタ、マドリーに戻る。
因縁のアトレティコ加入に勝算は?

posted2019/01/31 08:00

 
裏切り者モラタ、マドリーに戻る。因縁のアトレティコ加入に勝算は?<Number Web> photograph by Getty Images

ユーベ、チェルシー在籍の時期はあったとはいえ、モラタはマドリーの2クラブの因縁と真っ向から向き合うことになる。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 1903年から始まるアトレティコの歴史を振り返ると、「宿敵であるR・マドリーのユニホームに袖を通してからやってきた選手」はたくさんいる。

 有名どころでは、クラブ史上最も重要な1人である故ルイス・アラゴネスやバルサでも一時代を築いたシュスター、1995-96シーズンの2冠獲得に貢献したカミネロ、現ジェフユナイテッド千葉監督のエスナイデル、現R・マドリー監督のソラーリ……。ここ10年で見ると、フラードにレジェス、フアンフランにフィリペ・ルイスにアダン。サウールはR・マドリーのカンテラからやって来た。

 つまり、極めて例外的なこと、ではない。

アトレティコのカンテラを退団。

 ところが、アルバロ・モラタの加入に対しては不満の声があがっている。

 1月26日に行われたリーガ第21節のヘタフェ戦では、アトレティコのBチームでFWを務めるボルハ・ガルセスを引き合いに出して、モラタを獲るぐらいならカンテラの若手にチャンスを与えよ、といったコールが湧き起こった。

 その発信源はR・マドリーをとことん敵視する過激派サポーターだったようで、コールに反対する指笛も大きく鳴り響いていたものの、試合後の観客に取材した映像を見ると、一般的なサポーターのなかにもモラタ入団に顔をしかめる者がいるのは確かだ。

 理由は無論、彼の過去にある。

 モラタは、アトレティコのカンテラ出身の選手なのだ。

 アトレティコ一筋の祖父を持つ彼は自宅の前にある古ぼけたゴール付きのグラウンドで早くからボールに慣れ親しみ、アトレティコのサッカースクールを経てカンテラの一員となった。勉学と並行してサッカーに熱を上げ、週末はトップチームの試合でボールボーイを務めるようにもなった。

 ところが、14歳の夏にアトレティコをやめてヘタフェのカンテラに移籍する。

 後年、「楽しくなくなったから」だと、本人が明らかにしている。

【次ページ】 チームメイトの多くと仲が悪く……。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アルバロ・モラタ
レアル・マドリー
アトレティコ・マドリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ