草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

根尾昂の30本、PL復活、中日監督。
殿堂入りの立浪和義が描く3つの夢。 

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/01/17 11:30

根尾昂の30本、PL復活、中日監督。殿堂入りの立浪和義が描く3つの夢。<Number Web> photograph by Kyodo News

根尾とは30歳以上も年齢差があるが、大阪の名門校で甲子園を春夏連覇し、ドラフト1位で入団という共通点が。

就任要請まで「自分を磨く」。

 重圧は自分の新人時代の比ではない。そして自分にはない長打力を備えている。そんな根尾が攻守の中軸に座る古巣ドラゴンズを率いる立浪監督……。今年で50歳。もちろん野心も意欲も自信もある。

「自分で決められることではありませんが、もう一回、ユニホームを着て戦いたい。それまでしっかり勉強して、しっかり自分を磨いていたいと思います」

 中日ファンに「いつか監督をやってもらいたいのは誰?」というアンケートをすれば、野球殿堂入りをはるかにしのぐような圧倒的な支持を得るのは間違いない。

 カスタマーファーストを考えるのなら、中日球団の首脳は近い将来、必ず就任要請をしなければならない人物だろう。

 その日が来るまで、立浪氏は「自分を磨く」と誓った。PL学園の復活、根尾の30本塁打、立浪監督の誕生。どれも野球ファンなら喝采で迎える美しい夢だ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
立浪和義
中日ドラゴンズ
根尾昂
PL学園高校
中村順司

プロ野球の前後の記事

ページトップ