Number PLAYBACKBACK NUMBER

菊池雄星と大谷翔平の恩師が語る、
花巻東育成メソッドと6年間の物語。

posted2019/01/15 10:30

 
菊池雄星と大谷翔平の恩師が語る、花巻東育成メソッドと6年間の物語。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

菊池雄星と大谷翔平を高校時代に育て上げた花巻東の佐々木監督。

text by

佐々木亨

佐々木亨Toru Sasaki

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

日本球界で最も速い球を投げる右腕と左腕が
同じ高校で育ったことは決して偶然ではなかった。
これは、岩手の地に現れた2人の才能豊かな投手が
日本一の「スピード」を求めて繋いだバトンと
それを支えた監督による6年間の物語である。
Number959号(2018年8月16日発売)の特集を全文掲載します。

 そのピッチングは荒々しく、それでいて華があった。

 菊池雄星の高校時代である。

 そんな彼を、花巻東の監督である佐々木洋は「動の菊池」と評したことがある。

 感情を露わにして、目の前の打者に立ち向かう。鹿の頭部をかたどる被り物をつけた踊り手が、角を振りかざして舞う岩手県の郷土芸能「鹿踊(ししおどり)」を彷彿とさせるフォームもまた、「動」を連想させる要因の一つだった。

 佐々木は言う。

「雄星は何事にも真っすぐな男なんです」

 菊池には天賦とも言える肩肘の柔らかさがあった。その肉体的なアドバンテージを最大限に生かしたピッチングには、豊かな将来性が詰まっていた。そして、真っすぐ過ぎるほどの性格は、佐々木の教えをスポンジのように吸収していき、才能という幹にいくつもの良質な枝葉をつけていった。

言葉の大事さと目標設定シート。

 言葉こそが大事なんだ――それは佐々木の教えの基本である。各メディアに紹介されて、今では多くの人が知るところになった花巻東の「目標設定シート」。将来の大きな目標を真ん中に置き、そのために何をすべきかを細かくチャートにして書きこんでいくものだ。

 菊池が残したその用紙には、こんな言葉が記されている。

「実戦で使えるピッチャー」

「MAX155キロ」

「甲子園で優勝」

 そして、その目標を達成するために必要な要素として「投球スタイルを確立する」「肩周辺の筋力UP」「徹底力」という言葉も書き込んだ。

 菊池は1年夏の時点で145kmを投げ、甲子園のマウンドを経験したが、その後はフォームに悩み、心が折れそうになる時期もあった。だが、「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分」を座右の銘に掲げ、自ら定めた目標と数字を逃げずに追い求めた。

【次ページ】 試練は乗り越えられる者だけに。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

花巻東高校
菊池雄星
大谷翔平
佐々木洋

高校野球の前後のコラム

ページトップ