“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

セ・リーグの今季注目球団ランキング。
広島vs.巨人の構図、阪神の躍進……。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/01/10 11:00

セ・リーグの今季注目球団ランキング。広島vs.巨人の構図、阪神の躍進……。<Number Web> photograph by Kyodo News

新入団記者会見にて。(前列左から)小園海斗、緒方監督、島内颯太郎、(2列目左)林晃汰、中神拓都、(3列目左)羽月隆太郎、田中法彦、正随優弥、大盛穂。

広島の捕手問題、巨人の和田は?

 長打率4割超えの可能性ある打者をセ・リーグで探すと、坂倉将吾(.547/広島)、和田恋(.501/巨人)の2人が5割超えで、そのあとに村上宗隆(.490/ヤクルト)、楠本泰史(.445/DeNA)、奥村展征(.437/ヤクルト)、関根大気(.423/DeNA)、高橋大樹(.422/広島)らが続いている(25歳未満、39安打以上を対象)。

 広島の坂倉は丸のFA移籍で一軍入りのチャンスが生まれた。

 ただ、'17年1位中村奨成との次代の捕手争いにどう決着をつけるのか。フロント、監督、コーチの判断を待たなければならない。ファームの成績を見る限り、次代の正捕手は坂倉で決まりだと思うが……。

 巨人の和田は丸の加入で可能性が狭められたと言っていい。

 ファームで打率.296(2位)、本塁打18(1位)、打点87(1位)という圧倒的な成績を残しているが、'19年はプロ6年目の24歳になるのでのんびりしていられない。巨人フロントは、補強はプラスにならなくてもマイナスになることはないと思っているかもしれないが、こういう部分でマイナスに働くことがあることも肝に銘じるべきだろう。

戦力充実で矢野新監督に期待!

 今季のチーム成績予想でヤクルトを上位に推す人が多いので驚く。

 今より戦力の整っていた野村克也監督時代でも1位と4位を繰り返すことが多かったのは、優勝時に全力を投じ、余力を使い果たすタイプのチームだからだと判断できるのだが……。その時代より戦力の薄い今のヤクルトが「上位に定着」できるとは到底考えづらい。

 広島は丸が流出しても戦力は上位で、今年は巨人のV9以降、最長となる4連覇を達成する可能性が高い。

 対抗馬は巨人で。Aクラスの残り1枠を阪神とDeNAが争うという予想。

 阪神は若い投手陣で魅力いっぱいだ。藤浪晋太郎、小野泰己、才木浩人、馬場皐輔がローテーション候補で、リリーフ陣には望月惇志、高橋遥人が揃い、浜地真澄の台頭も期待できる。矢野耀大新監督の手腕が問われるシーズンになりそうだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

丸佳浩
高橋昂也
平良拳太郎
笠原祥太郎
柳裕也
岡本和真
吉川尚輝
畠世周
桜井俊貴
高田萌生
大江竜聖
坂倉将吾
和田恋
村上宗隆
楠本泰史
奥村展征
関根大気
高橋大樹
矢野耀大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ