オリンピックへの道BACK NUMBER

全日本を制した坂本花織の気迫。
「跳ぶから観てろよ、って」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/12/26 17:30

全日本を制した坂本花織の気迫。「跳ぶから観てろよ、って」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

左から中野園子コーチ、坂本花織、グレアム充子コーチ。この優勝で坂本は、平昌五輪からさらに成長したことを証明した。

「今できることを全力でやること」

 そしてこの全日本選手権での優勝は、今シーズン、積み重ねてきた努力が実を結んだ結果であった。それと同時に生まれたのが、坂本花織の最高の演技だった。

 平昌五輪代表をつかんだあと、坂本を形容する際、「勢い」という言葉がしばしば用いられた。だが、今シーズンの歩みは、坂本の成績がただの勢いだけではなかったことの証明でもある。

 初めて出場することになる世界選手権へ向けて、こう語る。

「今回を見直して、しっかり演技できるように、日々、ブラッシュアップしたいです」

 大切にしているのは、「今できることを全力でやること」。

 そんな坂本らしさを感じさせる抱負だった。

関連記事

BACK 1 2 3
坂本花織
宮原知子
紀平梨花
三原舞依

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ